2007.09.29

補強線

診療報酬改定で「補強線は、床を補強するのに役立たない」と
思ったのか

、保険の点数から外され、床に補強線を入れても、入れなくとも同じ診療報酬にされてしまった。

補強線の点数がないから、入れ歯がわれてきたとき、どうすれば良いのだろう。

レジンというおなじ材質でつなぎあわすことは、可能です。でも咬合圧かければ、割れちゃうよ。

補強線をとうしてつなげとけば、まずは一安心です。割れるにしても、ゆっくりと割れていく。

こんな生活の知恵の補強線を廃止したのは、誰だ。

官僚の名前を知りたい。個人情報で守られて教えはしないだろうが、入れ歯荒廃の一因になる。

官僚は、国民のしもべは事実だろう。

歯科医は、官僚のしもべではない。ましてや、使いぱしりでは断じてない。
患者さんのためを思うから、歯科医は補強線をただでいれるとおもう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.19

敬老の祝い

敬老のお祝いに町内会で贈物を配って来ました。

町内で18人です。

お祝いの品は、5000円分商品券とお赤飯です。

10人が入れ歯でした。お赤飯が、食べられるのかなという心配を
おもわずしてしまいました。

余計なお世話ですものね。

しかし、町内には、年寄りが多いが、ほとんど顔もみない。いつもなにしているのだろう。

入れ歯でも洗っているのだろうか、外しているひともかなりいました。

それに引き替え、町内に子供は5人、子供会に町内からの補助はない。お寒いかぎりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.18

入れ歯の秘密

上顎に比べ下顎骨の抜歯後の吸収は大きく、顎堤(顎の土手)が平らになってしまうケースが多い。
顎堤が平らになってしまった場合、(そうでなくても)下顎の入れ歯を作る際には、
顎舌骨筋窩のアンダーカットを利用できれば、動きにくい入れ歯になります。

この顎舌骨筋窩は下顎舌側の後方深部であるため、印象採得が非常に難しい。当然、出来た入れ歯も大きくなるし、アンダーカットを利用するため、入れ歯の着脱に工夫が必要となることがあります。だから、下顎の入れ歯は難しい。

アンダーカットを利用した入れ歯を製作すると、患者さんに嫌われます。出し入れが痛いらしいので不評です。

でも動きにくい入れ歯にするには、アンダーカットを利用すればなります。

それほど顎舌骨筋窩のアンダーカットは、魅力的です。歯医者にとってはね。

患者にとっては苦痛かもしれませんが、うまく調整できればすごい入れ歯になります。

ただし時間と労力がかかります。保険では、時間と労力は配慮されていません。

入れ歯装着者は、本当は、どう考えているのでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.17

入れ歯の話題

入れ歯の話題です。
奇跡の入れ歯占い師ピカデリー梅田1

人によって、それぞれほんとうかな、信じられないと様々とおもいます。

あなたは、どうでしたか?

私は、入れ歯で占いはできないとおもいます。

話題としては、おもいますが、----

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.15

動かない入れ歯

動かない入れ歯という記事です。

動かない入れ歯は、実現可能なのか?

粘膜の上に乗っている入れ歯だから、厳密には、動いています。
動きを実感できない程度で少し動いています。

吸着、接着という感じで表現されます。吸着する入れ歯という表現になります。
噛みこむ力で入れ歯は、必ず動きます。

吸着する入れ歯は、唾液と粘膜の変形で痛みもないだけで、現実には、すこし位置をかえています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.14

入れ歯と食事

昨日、老人ホームにいって来ました。

8人中、6人が、入れ歯保有者で、入れ歯が入っていませんでした。

それぞれ、訪問介護で歯科医は来所していました。殆ど調整だけで、作成してから、ずーっと訪問介護をかなりの年数受け続けています。

介護スタッフは、入れ歯を入れてから、食事をだすという習慣もないように感じられました。

ひとりとして入れ歯を持って来なかったからです。訪問診療は受け続けていますが、介護スタッフは入れ歯のことは、眼中にありません。

当然食事は、細かく刻んだものになり、流動食に近くなります。入所者のなかには、おいしくないから、食べないと
訴えるものもいました。

毎日三度三度、流動食では、あきてしまっているのかもしれません。

前の晩は、ウナギの料理だったそうです。そのときは、みなすごい勢いで完食したとのことです。

制度は出来上がっても、運営は、むずかしいと思います。無駄な訪問診療が続けられていて、食事の単価を抑えられているため、おいしいと思う食材がつかえないなどの問題が、現場では山積みだそうです。

それで入所者は、不機嫌になり、介護スタッフにあたるそうです。

官僚は、こんなことは認識しているのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.31

やっと当選

歯科会代表が、やっと当選した。

職域代表だそうです。急に立候補した感は否めないが、とにかく当選した。

なにをやってもうまくいかない日歯としては、ホットしただろう。

安倍総理とおなじで、何を反省しているのか、わからないが、不祥事続きの日歯には、良いことなのだが、----

国民と遊離している安部総理と同じく、日歯会員と遊離した、参議院議員とならないことを、切に望みます。

入れ歯を何とかしてしてくれよ。安けりゃ良いというものではない。生活できない収入しか、得られないワーキングプアーの歯医者になってしまうよ。心意気だけでは、食ってはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.27

介護入れ歯

脱着の位置決めが容易で,かつ片手で脱着でき,さらに食事中に浮き上がったり脱落してこないで痛みもなく使用できると

という欲張りな入れ歯をしないと介護の現場の入れ歯はできません。

大変な、条件です。いつになったらクリアー出来るのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.25

入れ歯製作

「入れ歯の輸入認めるな」歯科技工士80人、国を提訴 2007年06月22日18時33分

 中国など海外で安く作られた入れ歯の輸入を厚生労働省が認めているのは問題だとして、歯科技工士80人が22日、国を相手に計1億3600万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。診療報酬が低いため、歯科医が義歯類の作製代の大幅な値引きを求めてきたり、海外業者に委託したりしているため、廃業した技工士が増えているという。

 提訴したのは「訴訟を起こして歯科技工士を守る会」(東京)の脇本征男代表(64)ら全国の技工士たち。

 歯科技工士法では、義歯類を作れるのは歯科医と、国の免許を得た専門職の技工士だけ。違反者には刑罰があり、材料も指定されている。ところが近年、日本人患者の義歯類を中国などで作らせるあっせん業者が出て、かなりの歯科医が利用するようになった。

 脇本さんらは何度も「海外なら無資格者が作ってもよいのか」「粗悪品や有害物質を検査しなくてよいのか」と厚生労働省に実態調査や規制を求めてきた。

 しかし、同省は05年9月、各都道府県に対し、「歯科医が患者に十分、情報を提供し、同意を得ればよい」と歯科保健課長通達を出した。

 このため、訴状では、国は歯科技工士法に違反し、歯科技工士制度の根幹をゆるがしているなどと指摘、歯科技工士としての地位保全と損害賠償を求めた。

ますます、技工士さん達が、苦境になっています。

食肉加工問題、コムソン問題も同根です。安けりゃいいっていう問題ではないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

日野原重明先生

「93歳私の証・あるがまま行く」
心からほほ笑む真心
の記事です。以下に引用します。
入れ歯についての大変良い考察なので全文引用します。


 今日から歯の衛生週間が始まります。虫歯のない人でも、1年に1~2回は必ず歯科医を訪れることをおすすめします。この6月4日を機に、予約を入れてみてはいかがでしょう。

 さて、どんな人であれ、その人のもつ一番よい表情は笑顔であると私は思っています。その笑顔をいっそう引き立ててくれるのが、きれいな歯並びです。ヨン様ことペ・ヨンジュンの魅力もこれが大きいのです。

 人間の表情は、左右同じ数の顔面の表情筋でつくられます。なかでも一番直接的な役割を演じるのは、唇の左右の端、つまり口角を斜め上に引き上げる小さな筋です。笑顔はこの筋を上手に働かせることによりつくられます。口角がどのくらい引き上げられ、口元からどのくらい歯列が見えるかで笑顔も変わってきます。

 子供のころから歯列やかみ合わせの矯正を行うことが、日本に普及して久しいので、最近はきれいな歯並びを持つ人が増えてきました。専門の矯正歯科も増えて、美容外科の歯科版ともいえる審美歯科まで登場しています。

 矯正歯科の仕事は、歯やあご、口腔(こうくう)の状態を美しく維持、修復することだけではありません。機能的にも、心理的にも安定させて、体全体を健康な状態に保つことまでが含まれます。

 歯・歯列、かみ合わせの状態やあごの骨の形態など、それぞれがバランスのとれた状態になると、体のさまざまな部位や機能にも影響が出ます。

 歯は発声器の一部としての機能を持つので、歯列が整うと発音もはっきりします。かむ力も強くなります。下あごが安定した状態になると、食べ物もスムーズにのみ込めるようになります。消化器系の器官の働きがよくなり、正しい生理的機能が果たされる。

 若い人に限らず、老人にとっても矯正歯科の扱う領域は重要です。老人の病気の原因を探ってみたら、合わない義歯を使用していたことだったという話はよくあります。歯が抜けていたり、歯や歯肉の色が悪いと実年齢より老けて見せるハンディキャップにもなります。

 英米ではこうした健康上の理由も考慮され、戦前からすでに歯列やかみ合わせの矯正が一般化していました。矯正歯科の力を借りて、美しさだけでなく、健康も手に入れられたら、それはすばらしいことだと思います。その人が自信を取り戻せたら何よりです。

 最後に付け加えておきたいことがあります。

 表面的な顔の表情やきれいな歯並びだけで笑顔が完成するわけではありません。心からほほ笑む真心がその下になければ本当の笑顔とはいえないのです。ほほ笑みは心の健やかさを示し、病の癒やしにもつながるものなのです。

すばらしい含蓄のある文章です。6月4日はすぎましたが、虫歯デーは虫歯マンスで考えてください。

「心からほほ笑む真心がその下になければ本当の笑顔とはいえないのです。ほほ笑みは心の健やかさを示し、病の癒やしにもつながるものなのです。」という最後の言葉は、しびれます。

さすがに人生の大先輩です。ありがとうございます。入れ歯頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)