2007.08.29

禁煙

歯周病の治癒を遅らせる喫煙ですが、おもしろいニュースがありました。

世界保健機関(WHO)は2007年5月30日、中国政府が現状のまま禁煙のための積極的な措置をとらないと、中国の喫煙関連の死亡者は2020年までに倍増すると警告した。

WHOのベケダム駐中国代表は、5月31日の「世界禁煙デー」を前に声明を発表し、中国では現在、喫煙に関連した疾患で年間約100万人が死亡しているが、このまま喫煙率を低下させなければ、喫煙死亡者は2020年までに220万人に達するとしている。

中国だけで220万人死亡とは、おおきい数字です。

ベケダム代表は、「中国は世界のタバコの3分の1を生産する世界最大のタバコ生産国だ。中国政府はタバコによって巨額の利益を得ていることに責任を持つ必要がある。2008年の北京オリンピックは中国の喫煙問題を転換させる絶好の機会になる」とコメントしている。

政府の責任なのかな?でもコメントだすこともWHOの仕事です。それで喫煙率さがれば、大手柄ですね。習慣だから、そうもうまくいかないと思うがーーーヒョットして

カルテどうりいくのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.01

コメントその後

コメント欄への悪質ないたずらは、無くなった模様です。相手にいやな気分を味合わせるだけな、非創造的な行為というのが、わからないのかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.09

保険と自費

保険と自費の違いは、材料と時間にあります。
インレー・クラウン・ブリッジの場合、金合金が、一番エナメル質の硬さと近似しているので、かみ合わせによる、咬耗で、歯とほぼ同じスピードですり減ることを期待して入れます。硬すぎると金属は、すり減らず、対合の歯の方をすり減らします。角度によっては、歯周病になり、歯が揺れはじめます。人間の持っているのと、同じ硬さを選ぶのが、一番良いと、思います。価格が高いのも事実ですが、硬い金属で、高さの1ミリ高い物を入れれば、顎関節症になっても、おかしくありません。
やはり良い物には、理由があります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.19

一本だけグラグラにー歯周病かな

一本だけグラグラになり痛いという患者さんでした。上顎右側第一小臼歯です。投薬をして1週間後、痛みはなくなったが、ぐらつきは変わっていませんでした。咬合は、正常に近く、強くぶつかっている箇所は、なかったので、咬合調整はしませんでした。
”このぐらつきを直したいのです”が、と言うことなので、この方の娘さんに教えた「割り箸テスト」をお教え致しました。
夜寝るときに割り箸を口の中に入れて落ちませんかと言う質問があり、落ちることもありますが、枕元に割り箸をおく手もお話致しました。
しかし反応はイマイチのように感じました。
”信じてやってみてはいかがですか”ということで話しをしました。しかしあまり乗り気な様子がないので、”現状では打つ手がないし、恐らく、歯ぎしりのせいだと思うのでーーー”
1週間後”割り箸は朝まで口の中にありました。面倒くさいという感じがしましたが、やってみたら、上手く行きました。口から意外と落ちないものですね。やって、良かったです。信じてやるものもあるんですね。半信半疑でした。”
”どれどれ見せて下さい。”歯のグラグラはなくなり、揺れはほとんどなくなっていました。
ぐらぐらの原因は、どうも歯ぎしりによる、歯の引きずり倒しの様だとやっぱり思いました。歯ぎしりの弊害で歯を失うことは多いというのが、臨床を通しての感じです。
”2ヶ月に1回の検診を当分続けましょう。”

歯周病の最後は、歯槽骨が溶け出し、その上に歯ぎしりによる、外力による、歯を引き倒す作用だと思います。

この患者さんの場合、何が奏功した原因なのかを今後検討しなければ、なりません。又、模型を見ながら、ゆっくりと考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.13

出血する歯周病

歯周病で血が出ていれば、中等度の歯周病です。この状態でのブラッシングは、以下の注意が必要です。
歯ブラシは、歯茎に柔らかく当てる、そのため時間がかかる事を覚悟する。また、一日に十数回、ブラッシングを時間をおいてする。
1.熱湯に塩を入れ、塩が沈殿するまで溶かし込む。
2.出がらしのお茶を用意して、水を入れお湯になるまで沸かし、水分が半分になるまで煮詰める。茶カスを上手くとり、茶色い液を取り出す。 タンニン酸の液になる。安いお茶の方が良い。ほうじ茶が一番良いが、緑茶でも可。
以上2ッの液を用意する。
ブラッシングのあと、両方でゆすぐ。 ブクブクという大きな音が出るくらい 強くゆすぐ事がコツです。普通では、やや効果が、悪いので。
1液で化膿を防ぐ。
2液で歯茎を引き締める。
効果があります。
この方法で手当して、歯茎を最終的には鍛え上げるよう自分で、養生します。最終的には歯ブラシの圧力は、やや強くしなければなりませんが、最初は、歯茎が、柔らかいので、フェザータッチです。出血させないように磨くことです。出血しても1液があるので、大丈夫です。安心して下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.02

歯周病

・歯周病というカテゴリを悪のりして作りました。なぜなら更にまた、書ける項目が3個増えています。もっとカテゴリが作れます。でも今日はこのくらいにしておきましょう。
・歯周病別の名は、歯槽膿漏です。国民の多くが罹患して入れ歯になっていく病気です。病という名前が、付いているので、死に至る可能性のある病気なのです。少し大げさですが、そういう病名が最近マスコミでも定着し出しているようです。
・私は、歯周病の直接の引き金は、歯ぎしりと思っています。歯ぎしりさえ、予防できれば、何とか入れ歯にならなくて、済むという考えです。
・ゆっくり、マイペースで、歯周病について書きます。続けられるか少し不安です。歯を失う一番の原因が、歯周病なので、やりがいはあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)