2007.08.28

脳卒中治療の最高評価29病院

【一覧表】脳卒中治療の最高評価29病院

引用します。

病院名    所在地   特 徴
柏葉脳神経外科    北海道    tPA使用実績多い
岩手県立中央      岩手       外科、内科が各1人宿直
仙台医療センター    宮城 急患を多く受け入れる
山形大 山形 tPA使用法を指導
筑波メディカルセンター 茨城 回復期の治療も地域連携
土浦協同 茨城 紹介患者多く、救急も充実
自治医大 栃木 脳卒中は全例受け入れ
独協医大 栃木 専門医が常時待機
美原記念 群馬 回復期治療も充実
埼玉医大総合医療センター 埼玉 救急部門と外科内科が連携
NTT東日本関東 東京 患者数5年で3倍超
東京女子医大 東京 脳梗塞で低い死亡率
東海大八王子 東京 MRIで診断を充実
虎の門 東京 外科、内科が各1人宿直
東海大 神奈川 MRIなど検査体制充実
富山大 富山 救急隊と連携を強化
市立長浜 滋賀 回復期、慢性期で地域連携
康生会武田 京都 tPAの投与時間早い
国立循環器病センター 大阪 国内初の脳卒中集中治療室
大阪警察 大阪 重症患者でも好成績
大阪医大 大阪 血管内治療医が夜間対応
馬場記念 大阪 救急体制が充実
大西脳神経外科 兵庫 救急隊と連携、短時間搬送
和歌山県立医大 和歌山 血管内治療医が充実
倉敷中央 岡山 外科、内科が各2人宿直
産業医大 福岡 くも膜下出血で好成績
新日鉄八幡記念 福岡 昨年からセンター化で対応
熊本大 熊本 脳ドック開設、検査充実
厚地脳神経外科 鹿児島 脳梗塞で低い死亡率

この他にも良い病院多数あれば良い。

カルテとして残しておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

心の病

光トポグラフィーを使い治療する。
光トポグラフィーは、脳の血流量を近赤外線ではかるヘッドギアーのような装置で、ウツ患者の前頭葉の血圧が少ないのをりようする。
うつ病、躁うつ病、統合失調症のそれぞれのパターンを見出した。

「あいうえお」を繰り返しつぎに「た」から始まる単語を列挙するなど、頭を使った後に再度「あいうえお」を繰り返すそうです。

良い方法が見つかりましたね。群馬大学の傑作です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

ウツ診断書

うつ病の診断書を医師が書く時、医師の9割が表現を緩めて書くそうです。
うつ病と書かず、「抑うつ状態」「心身疲弊」など軽い症状に書き換えて、診断書を発行するそうです。
復職も、寛解状態で可能としている医師も多い(96%)。74%の医師が会社から完全治癒を求められるそうです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.05.17

医療費抑制へ検診強化

厚生労働省は、市町村や企業などによる健康受信率を高めるため、検診体制の強化に乗り出した。
検診項目は、法律によって違うほか、脳卒中予防の検査項目がないなど、制度の不備が目立つそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.16

エイズ静かに

エイズ患者が、昨年1年間で1000人を超えて、累計で10000人に達した。
過去最悪を更新中だそうです。
「感染者は横ばい、患者は減少」という先進国並みにならない。
もう一度注意を喚起することが、必要でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.03

椎間板ヘルニア原因遺伝子

発症率1%程度で根本的な原因は不明だから、有効な治療法もない。

理研の池川志郎チームは、関節の軟骨の老化に関係する「CILP」という遺伝子を調べて、患者の25%でその塩基配列に一部違いを見つけた。

はやく新薬が出ますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.03

筋肉増強剤

明日アメリカ大リーグ開幕戦だが、ホームランバッターのボンズの姿はないと思う。
薬物使用疑惑をかけられていて、否定しているが、右膝のリハビリ中なのである。
ソーサ、マグワイア、パルメイロ、トーマスなどの選手が、下院政府改革委員会で証言を求められている。
すでにマグワイアのように証言し、使用を認めた選手もいる。
筋肉増強剤は、ステロイド、テトラハイドロゲストリノン(THG)なので、体に悪影響を与えると見られています。
そこまでして、富と栄誉を手に入れても、体はボロボロになる。
スポーツ界は、薬汚染にまみれて、しまった。
真理は、やってはいけないことは、やってはダメ。こころでその線引きしないと、体が壊れ、心を蝕む。
恐ろしいのは、人間の欲望です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.07

心と体

・心と体は、双方共に、成長しなければならない。健全なる体に健全なる心が宿る。体の充分なる、発育なしに
充分なる心の発育もない。最近の子供の身長の伸びは、めざましいものがあるが、心の成長は、計量的に計る術はない。
・人間が人間として生きて行かないと、体の使い方がおかしいので、必ず病気になる。今現代人が抱えている問題点は、夜遊び、偏食、哺乳されて育っていないと運動が出来ないの4点だと思う。母乳の大切さは、計り知れないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)