2005.04.07

ブログ

ブログ100万サイトもあるそうです。大手ブログにアクセスした人は、約1495万人で、1年前の3倍以上に急増し、家庭でインターネットを
利用する人の4割に達したそうです。
双方向であり、手軽にサイトを作れ更新が容易なことが、人気の秘密だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.17

相変わらず

変化がない。上手にいかない物だ。
疲れてしまった。反省します。
でもパソコンの腕がないから、どうにも打つ手がありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.04

Niftyから

メールが来ました。
ココログの容量が50MBにあがったというメールです。
30MBでも、私は使い切っていないのですから、ビックリする容量です。
それもほぼ使い切りそうで容量アップを待ちのぞんでいた人もいるのでしょね。
私は段々と書くことがなくなってきた感じですので、そのすごさに、タダタダ驚きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.02

ウェブログは、埋もれていく日記か

ウェブログは、日が経つにつれ、埋もれていく日記なのかなという気がします。
ニュースなどと同じで新しい事だけが、取り柄でウェブ全体の中で埋没してしまうものなのだろうか?
Googleなどの検索エンジンでの順位で段々と、順位が、落ちて行くような気がします。
ただその時点で考えて書いた事の記録なのかという気がします。検索ランキングのウェブでの順位のつけ方は、分かりませんが、陳腐化すれば、それで価値がなくなると見なされて居るのでしょうかねーーー中にはずーっと上位表示され続ける記事も有るとは、思いますが、ほとんどは、埋もれていく記事の扱いになるのでしょか?
それならいままでのホームページサイトも、また、価値が出てきます。検索エンジンでの表示は、最初ものすごくウェブログは、優遇されていたように感じがしましたが、どのようなスタンスで検索エンジンが、取り扱っているのかを、知りたいなぁという今日この頃です。
ウェブログは、たんなる個人の忘備録と言うもの、なのかなーーー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.27

カルテが1ヶ月

カルテをココログで始めて、今日で1ヶ月です。分からないまま、始めたのですが、少しずつ分かってきました。普通に使う分なら、何もしなくても、テンプレイトを選んでやれば、htmlの知識がなくても、出来ると思います。小学生でも、恐らく出来るようになると思います。その分、敷居が低くなったと思う。だれでもホームページを持てるので、すごいことです。
意見があれば、世界中に発信出来るのです。勿論批判も、コメント、トラックバックで即座に返ってきます。最初は、そのようなものが、返ってくると嬉しいものです。しかし中には、自分の意見と反対のコメントを残す人もいます。その時は、腹が立ちますが、文章に曖昧な表現がないか、点検してみると、曖昧な表現があったりします。また目立ちたがりの人が、あえて、他の意見を述べる場合もあります。
様々な経験をしながら、いろいろな事も学べます。カルテの成長と共に、自分も成長しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

blogコミュニケーションツール

blogコミュニケーションツールです。確かに一つのコミュニケーションツールです。人により、自分のページに書き続け、外にリンク、トラックバックを貼らない方もいます。
又積極的に、他の方のページに書き込みを行い、トラックバックを貼る方もいます。トラックバックのやり方を知らない方もいます。練習で憑かれたようにトラックバックをしまくる方もいます。その人の状態で変わります。
そのうち落ち着く物と思います。
他のサイト訪問ですから、最低限のルールを守れば、良いのかも知れません。その最低限のルールを高くすれば、
コメント、トラックバックは、下火になる可能性もあります。そのルールが、上手く出来て、本当のコミュニケーションツールとしてblogが定着すると良いですね。
みなの自制も必要なのです。そうしないとblogが口喧嘩の手段になります。一度書いた物は、消しゴムで消せません。良いコミュニケーションツールにするため、証拠の残るblogには、やはり自制が必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.14

オッチョコチョイの私

ある方のサイトへトラックバックしてみましたが、少し文章が、おかしいので直しました。いつもの癖で、どうも私、オッチョコチョイみたいです。それで再度新しい文章をその方のサイトへトラックバックして、変えた文章を上げることが、出来るのでしょうか?もうそれは出来ないので、諦めるべきなのでしょうか?再度トラックバックすると、前の文章と新しい文章の2個がその方の、サイトへ上げられてしまうのでしょうか?それとも上書きされるのでしょうか?誰か教えて下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.12

トラックバックの功罪

トラックバックは、最初、付けられると、嬉しいと思いますが、
関係のない事を付けられたりすると、悲しくなると思われます。
それに容量をいずれ圧迫することにもなるやも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.11

トラックバックについて

<良く使い方が分かりません。>
・本当ですね、全くよくわかりませんね。
・分かったぞう。これは良いかも。トラックバックが出来ました。コメントつけるだけじゃないいんだ。
・送信したとき文字化けみたいになったのは、何なんだ、でも文字化けせずに、文章は、アップロード出来ている。
・記事を編集するときは、また、URLを付けなければいけないのかな。ここのところが分からない。経験者さん、教えて下さい。トラックバックで教えて下さい。
・2004年1月12日トラックバックがやっと、理解できました。ダブルトラックバックとかの方法があるようです。でもあまりやりすぎると、相手に対して迷惑にも、なるようなので、慎重にやらなければというのが、結論です。
・「以前に送ったトラックバックを確認」は、なぜ付いているかも分かりました。同じ人に二重投稿予防です。確認してから送れます。また。同時に複数箇所にも送れるそうです。未だやったことはないですが、送れるそうです。
1ヶ所のURLを貼り付け、Enter Keyを押し、さらに2ヶ所めのURLを貼り付ければ、2ヶ所にトラックバック出来るそうです。
・トラックバックした相手が、とんでもなく巨大人気サイトの場合もあるので、付けた後、妙に反省してしまうこともあります。
・トラックバックのやり方です。
トラックバックしたい相手の記事のトラックバックURLをコピーして、自分の書いた記事もしくは、これから書く記事に
そのURLをトラックバックを受けつけるの ボックスにチェックを入れ相手先のトラックバック URLを入力の欄にコピーしたURLを貼り付ける。最後に保存するボタンをクリックするとトラックバックが完成します。しばらく待って、
「変更内容を保存しました。」と表示されれば、OKです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.04

記事の追加

・前に上げておいた、記事に追加で文章を加筆した、掲載時期は変わらなかったし、ping-niftyサーバーに更新が行ったのか、よく分からない。この場合は、行かないのかな?
・再度上げた方が良いのかな。あまり記事同士が離れても、見る人側からいうと、分からなくなるだろうし、運用実績がないから、どうなのかな?分かる方お教え下さい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)