« 補強線 | Main | YST変動 »

2007.09.30

技工指示書

入れ歯、クラウンブリッジなど補綴物を製作する際、必ず必要なのは、技工指示書です。

書いていますか?あなたは?

薬を処方すれば、処方料が発生します。

技工指示書に関しては、料金が発生しません。なぜなのだろうか?

指示したことが、あまりにもお粗末なので、厚労省は認めないのかな?

もともと技工士さんに出す指示書は、保険のなかでは、任意の契約取引なので、保険から外しておいたのかも知れない。自由料金という設定なのです。

安くて上手な技工士さんはいないのです。上手になれば、それだけの技工料金になります」。なにしろ自由料金なのですからね。良い入れ歯は上手で高いな技工所に発注するので保険外の料金になるつまり自費診療です。
歯科医院がへたくそとおもわれないように上手な技工士さんに自由診療の入れ歯は、作っていただくので、名人料金なので高くなります。保険診療の報酬が材料経費など込みで欧米の1割から2割程度しかない現状では、そのうち保険の入れ歯を作ってくださる技工士さんもいなくなりそうです。さーぶい現状です。なりたての技工士さんだけかもしれない。それでも多くの技工士さんは、保険の入れ歯でも、なるべくよいものにすべく必至の努力をかさねています。削れるものを削りながら、長時間労働をしています。

でも情勢が変わる以前に、局長通達まで出して、あいまいなままの技工料金なのに、歯科医師会も処方箋とおなじく、技工指示書料金を設定すべく動いた方が、賢明だとおもう。

そうすれば、技工指示書も正確に記載するようになるとおもう。

なぜ今までして来なかったの理由がわからない。わかっている方は、お教えください。

また技工物配送料、保管料も保険請求点数かすべきだと思う。

そうすれば、上手な技工士さんに仕事依頼がしやすくなる。宅急便代払えば、マイヌスということもなくなる。

厚労省は、実態をあまりにも掴んでいない。

すでに、歯科保険は、崩壊していると思う。インプラントが盛んに宣伝されるのも、保険で歯科医は食べられなくなってきているためです。

外国にしかない、入れ歯の技術ということに、なりかねない。

厚労省などに遠慮などしないで、経済活動の一環なのだから、技工指示書料金、技工物配送料、技工物保管料
など必要経費なのだから、堂々要求しよう。

自動車で駐車料金は本人負担なのだから、治療の一環として掛った経費は、保険の中で払うのが当たり前だとおもう。

それとも技工物は、これだけの扱いなのか、代替え臓器ではないのか、厚労省の姿勢がこれで見て取れる。

努力してもおかしくない話だとおもいます。ねーえ、そうでしょう、われらの職域代表、みどり先生そうおもわないですか?

厚労省に陳情おねがいします。よろしく!

|

« 補強線 | Main | YST変動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/16615257

Listed below are links to weblogs that reference 技工指示書:

« 補強線 | Main | YST変動 »