« 入れ歯の秘密 | Main | 変な処方 »

2007.09.18

カルテIT化

歯科診療所のレセコンや電子カルテなどIT化に伴う影響について58.8%が「診療報酬の請求事務が効率化された」と感じている。

一方で、「人件費は削減された」と考えているのは3.8%しかいなかったことが中医協の医療機関コスト調査分科会が実施した調査で分かった。

人件費は削減されていないという感じが3.8%と低い。少ない人数でやりくりしている様が見えるようだ。

削減効果が見えないのに導入するメリットがあるのだろうか。

IT化の費用は、バカ高くないのか?

大きなお金が動くのに、ついていけるのかな、歯科業界全体は?

もったいない気もします。

紙のカルテもまたよいものですよ。

オンライン科で2ヶ月後の支払いが、1ヶ月後にスピードアップするなど目に見える改革がなければ、オンライン化する医療機関は多くはならないと思う。

便利になるのは、政府だけです。支払基金の理事は厚労省からの天下りだから、大いに旗振りをするが、経済的負担になる中小医療機関は、尻込みする。この図式だとおもう。

結局政府が強引に政策実行をすすめていくとおもう。つまり最後の切り札は、レセプト請求は、紙でなく、オンラインでと決まれば、医療機関は、従わざるを得ない。

それで利益をえるのは、パソコン業界関連で、しかも特殊領域だから、大手のみが、利益という甘い密に預かれるわけです。

だからカルテ検索で、電子カルテが上位にすごくある。

|

« 入れ歯の秘密 | Main | 変な処方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/16484739

Listed below are links to weblogs that reference カルテIT化:

« 入れ歯の秘密 | Main | 変な処方 »