« やっぱりな | Main | 消失カルテのなかみ »

2007.09.16

年金、保険大丈夫なの

全国の市町村の約7割で、2006年度決算に基づく借金返済の負担度合いが前年度に比べ重くなっていることが日本経済新聞社の調査でわかった。

公務員はお金を徴収して、単年度予算で、すべて消耗させています。つまりつかいきってしまう。
次年度のことは、眼中にない。できない制度に慣らされすぎています。

これで年金の記載もれが起こり、また、年金の横領が起った訳です。100年もつ年金制度なんか、最初から
無理だったんだね。

ところで、みなから集めたお金で運用している保険制度の運用資金大丈夫なのだろうか?

同じ公務員のやることだから、心配です。

国会答弁用の資料は、すでにできているだろうが、保険制度の破綻も巷で囁かれているから、怪しいとおもう。

公務員に運用資金を預ければ、管理機関も監視機関もないから、危ないよ。

泥棒にお金を預けたのと同じになる。

いやな世の中になったものです。

|

« やっぱりな | Main | 消失カルテのなかみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/16465315

Listed below are links to weblogs that reference 年金、保険大丈夫なの:

« やっぱりな | Main | 消失カルテのなかみ »