« 消失カルテのなかみ | Main | 入れ歯の秘密 »

2007.09.17

電子カルテ導入

電子カルテ導入の真の目的は、

経費削減によって医療費の軽量化です。

レセプトの払い戻しが最近コピーになっています。

そのことは、プリントアウトしたということです。つまり保険者側と支払基金との間は既に、コンピュターでつながっていて、すぐにもオンラインは完了しています。

後は、支払基金と医療機関とが、コンピュターでむすばれれば、すぐにもオンライン化は可能なのです。

大きな組織は、その資金力でパソコンを調達できます。しかも安全のため、複数のセキュリティでのバックアップをつけています。

大きな病院も資金力があるので、既に完了しているはずです。

中小の医療機関も動きました。まずは中規模の医療機関では、導入に踏み切ることでしょう。

最後は小規模の医療機関です。やっと腰を上げ始めたころです。

人員に余裕がないので、パソコンをもっていなければ、パソコンがわかる人を新たに雇用する必要があります。

資金力がなければ、いつまでもオンライン化できません。

やっとの思いでオンライン化しても、最後に待っているのは、医療費の削減で、収入が減収になるという醜い現実だけだろう。

支払基金などでは、人件費削減もかのうだろうが、従業員削減などは、やれないだろう。結局人件費の削減は、人員の自然減だけです。つまり定年退職だけだと思います。

結局一番損をするのは、小規模医療機関だけである。

もうかるのは、大手医療機関と、支払基金、保険者だけである。さらに儲かるのは、コンピュター会社、レセコンソフト会社です。自分でつくりだした、ビジネスチャンスです。それに踊らされるだけです。もちろん政府は承知しています。先にお墨付きを与えてあります。

これが、医療改革の中身だろう。

パソコンの欠点だってある。

故障だけじゃあないですよ、停電したって、パソコンはただのハコと化します。つまりやたらと人手がかかる。ペーパレスだが、保守要員がいるのです。

しかも高価です。費用対効果をあげるのには大変です。

|

« 消失カルテのなかみ | Main | 入れ歯の秘密 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/16473921

Listed below are links to weblogs that reference 電子カルテ導入:

» リクルートエージェント 転職 [リクルートエージェント 転職]
リクルートエージェントを転職に生かす。リクルートエージェントの様々な無料の転職サービスを紹介。 [Read More]

Tracked on 2007.09.18 at 12:58 PM

« 消失カルテのなかみ | Main | 入れ歯の秘密 »