« 生き残っていた | Main | 恩給と年金と勤務態度 »

2007.08.29

禁煙

歯周病の治癒を遅らせる喫煙ですが、おもしろいニュースがありました。

世界保健機関(WHO)は2007年5月30日、中国政府が現状のまま禁煙のための積極的な措置をとらないと、中国の喫煙関連の死亡者は2020年までに倍増すると警告した。

WHOのベケダム駐中国代表は、5月31日の「世界禁煙デー」を前に声明を発表し、中国では現在、喫煙に関連した疾患で年間約100万人が死亡しているが、このまま喫煙率を低下させなければ、喫煙死亡者は2020年までに220万人に達するとしている。

中国だけで220万人死亡とは、おおきい数字です。

ベケダム代表は、「中国は世界のタバコの3分の1を生産する世界最大のタバコ生産国だ。中国政府はタバコによって巨額の利益を得ていることに責任を持つ必要がある。2008年の北京オリンピックは中国の喫煙問題を転換させる絶好の機会になる」とコメントしている。

政府の責任なのかな?でもコメントだすこともWHOの仕事です。それで喫煙率さがれば、大手柄ですね。習慣だから、そうもうまくいかないと思うがーーーヒョットして

カルテどうりいくのかな?

|

« 生き残っていた | Main | 恩給と年金と勤務態度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/16273343

Listed below are links to weblogs that reference 禁煙:

« 生き残っていた | Main | 恩給と年金と勤務態度 »