« 狂犬病 | Main | 歯周病、音色で診断 »

2006.11.29

寝酒

寝酒は逆に不眠招く、うつ状態の原因にも・日大医学部


 寝酒はかえって不眠を招きやすい、との研究結果を日本大医学部の兼板佳孝講師(公衆衛生学)らがまとめ、28日発表した。不眠とうつ状態の間に強い関連性があることも判明。同講師は「不眠の人はうつにも注意が必要だが、眠れないからと寝酒することは逆効果になりかねない」と注意を促している。

 研究は旧厚生省の2000年福祉動向調査の結果から、うつ状態や睡眠に関する成人男女約2万5000人分の回答を分析。その結果、週に1回以上寝酒をする習慣がある人は寝酒をしない人より、夜中に目が覚める「夜間覚醒」のリスクが1.2倍、うつ状態になるリスクが1.3倍高かった。

 睡眠とうつ状態との関連を分析したところ、睡眠時間が6―7時間の人がうつ状態になるリスクが最も低く、5時間未満はその1.3倍、10時間以上だと4.0倍だった。寝付きの悪い「入眠障害」もリスクを1.6倍に高めていた。


寝酒も危険なんだなぁ。

でも適度の寝酒なら、よく眠ってしまうような感覚は確かにあるようです。

この感覚に誤りがあるのだろうか?

それでも、私は寝酒はやめられそうもない。うつになる危険があっても、よく眠れた方良いからなぁ。

|

« 狂犬病 | Main | 歯周病、音色で診断 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/12864211

Listed below are links to weblogs that reference 寝酒:

« 狂犬病 | Main | 歯周病、音色で診断 »