« 逃げる | Main | 美容整形 »

2006.10.14

ムハマド・ユヌス総裁

ノーベル平和賞に「貧者の銀行」ユヌス氏


 ノルウェーのノーベル賞委員会は13日、2006年のノーベル平和賞をバングラデシュのグラミン銀行と創設者のムハマド・ユヌス総裁(66)に授与すると発表した。貧困層に少額無担保融資(マイクロクレジット)を実施、貧困の削減に貢献した事業を評価した。

 マイクロクレジットは市場原理を利用しながら貧困層の自助努力を促す仕組みで、世界各国の貧困削減のモデルになっている。ユヌス氏は同じ理由で04年に第9回日経アジア賞(経済発展部門)を受賞している。


バングラデシュのグラミン銀行と創設者のムハマド・ユヌス総裁(66)という存在すら知りませんでした。

不明を恥じ入ります。

貧困層に少額無担保融資(マイクロクレジット)と言うのは、すごいですね。無担保だから、回収できないことも、ありうるし、日本の銀行の発想では、とても信じられないやり方です。

アイデアーが一杯で銀行運営していると予想します。

実際の運営の仕方を知りたいと思う。

平和賞に銀行家は、何か合わない感じもしますが、そのような運動をしているのだから良いのだろう。賞金も銀行のために使うのかも知れない。

頑張れ!ムハマド・ユヌス総裁!!

ユヌス氏とグラミン銀行が貸し出した融資に対して、返済率は9割以上を維持しているのだそうです。それはすごいですね。個人の返済は、あまり焦げ付かないことの証かもね。

焦げ付きの多くは、企業の倒産なのかもしれない。大きくなれば大きいほど、焦げ付きの額は大きくなるしね。個人の方が弱い分、一生懸命に返済する良いお客さんですな。でも日本の金利は低くて、庶民など眼中にない、そうですよね、日銀総裁、---

株やっているから、関係ないか?日銀総裁はね。

貧困層の人々が自分たちで返済計画を立てて仕事をするなど自立を促しただけでなく、多くの面で抑圧を受ける女性の経済的、社会的な解放につながった。

ユヌス氏とグラミン銀行には、賞金1千万スウェーデン・クローナ(約1億6400万円)が贈られて、賞金は等分するそうです。

|

« 逃げる | Main | 美容整形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/12278461

Listed below are links to weblogs that reference ムハマド・ユヌス総裁:

« 逃げる | Main | 美容整形 »