« 04年度医療費 | Main | 新人医師の不満 »

2006.08.30

医師不足

医師不足、地域の医師確保支援――厚労省が中央会議設置へ


 医師の不足や偏在を解消するため、厚生労働省は来年度から地域の医師確保を支援する態勢づくりを強化する。同省内に医療関係者でつくる「地域医療支援中央会議」(仮称)を設置。都道府県に医師確保の具体策を助言するほか、緊急時には医師を派遣する。
 医師不足が深刻な小児科と産婦人科の集約化を進め、分娩(ぶんべん)施設のない離島の住民が島を離れて出産する際の宿泊費用も補助する。厚労省によると、同中央会議は自治体病院、国立病院、日本赤十字社などの公的な医療機関などで構成する。

 医師不足に悩む都道府県からの要請に応じ、病院間の連携態勢づくりなど先進的な取り組みを支援、紹介したり、アドバイザーを派遣したりする。また、医師の確保が極めて困難で都道府県レベルでは対応できないケースに限り、一時的に医師を緊急派遣する。


医師不足なんだ。

むしろ医師の偏在だろう。これは解消することはかなり難しいよ。

住む場所の選定に及ぶのだから、医師だけ僻地赴任も義務ずけることも出来ないと思う。

|

« 04年度医療費 | Main | 新人医師の不満 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/11680967

Listed below are links to weblogs that reference 医師不足:

« 04年度医療費 | Main | 新人医師の不満 »