« TLR5 | Main | 夏祭りが終わった »

2006.07.11

新設高齢者医療制度

高齢者の保険料、医療費低い市町村は減額・厚労省


厚生労働省は2008年度に新設する75歳以上を対象とした高齢者医療制度で、医療費の水準が平均よりも低い市町村の在住者を対象に、保険料を減額する方針を決めた。13年度まで6年間の経過措置とする。離島・へき地など医療機関が少ない地域の保険料については、県内の他地域より恒久的に引き下げる。

 新しい高齢者医療制度は75歳以上の全高齢者から保険料を徴収する独立型の健康保険で、先の通常国会で成立した医療制度改革法に盛り込まれた。保険料は全市町村が加入する都道府県単位の広域連合ごとに決める仕組みだが、医療費や医療サービスの違いによる負担の不公平感を緩和するため、特例措置が必要と判断した。

 具体的には、高齢者の1人あたり医療費が都道府県内の平均よりも2割以上低い市町村は、全体の医療費から割り出す均一保険料より当初の料率を低く設定。13年度までに段階的に引き上げて均一料率にそろえる経過措置を認める。医師が少ない離島・へき地の保険料は均一料率の最大で半額に抑える。


また新設するのか。

財政的裏付けがない保険制度を何度も新設しても、変わらないと思う。必ずつぶれるんだと思うが、厚生官僚には、それが分からない。

また08年に新設するのか、今の保険制度いじって改善されたことが無いのに、また新設ですか、呆れたね。

|

« TLR5 | Main | 夏祭りが終わった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/10895057

Listed below are links to weblogs that reference 新設高齢者医療制度:

« TLR5 | Main | 夏祭りが終わった »