« 行政改革の成果か | Main | ぼうこう組織再生 »

2006.04.04

心筋梗塞患者に朗報

幹細胞の膜で心筋梗塞治療 ネズミで実験成功


 血管や心筋になる能力がある幹細胞を薄膜状に培養して、心筋梗塞(こうそく)を起こした心臓にはり付け、機能を回復させる治療に、国立循環器病センターや東京女子医大などのチームがネズミを使った実験で成功した。今後、ブタでの実験で安全性などを確認した後、まずは子どもの心臓病治療への応用を研究するという。3日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版で発表する。

 心筋梗塞を起こすと、心筋が死んで心臓の厚さが薄くなり、収縮する能力が落ちてしまう。

 開発した治療法は、ネズミの皮下脂肪から、幹細胞を取り出して培養。厚さ0.02ミリの薄膜にする。心筋が薄くなった場所にこの薄膜をはり付けると、約30倍の厚さに増殖して血管や心筋も再生した。半分になっていた心臓の厚さはほぼ元に戻った。

 心筋梗塞を起こして約1カ月後のネズミに薄膜をはる治療をしたらその後の生存率は100%だったのに、治療をしなかった方は約70%だった。


心筋梗塞患者には朗報です。

これでこの技術が、実用化されればすばらしいことです。
早く実用化されることを祈ります。

この幹細胞を脳梗塞に応用できないものかな。

|

« 行政改革の成果か | Main | ぼうこう組織再生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/9424586

Listed below are links to weblogs that reference 心筋梗塞患者に朗報:

« 行政改革の成果か | Main | ぼうこう組織再生 »