« レセプト電子請求 | Main | AMAP1乳がん転移を抑える »

2006.04.25

世界最小の補助人工心臓

東京医科歯科大など、子供にも適用可能な埋め込み式補助人工心臓


 東京医科歯科大学と東京工業大学の共同チームは、世界最小の補助人工心臓を開発した。大人の手のひらよりも小さい。実用化されている補助人工心臓は大きく、大人が対象になるが、新開発の装置は、短期使用なら5歳前後の子供でも利用できるサイズという。年内にも動物実験を始め、3年後をメドに臨床研究に入りたい考えだ。
 新型補助人工心臓「MedTech Heart(メドテクハート)」は、東京医科歯科大の高谷節雄教授と東工大の進士忠彦助教授らのチームが開発した。主要部のポンプは直径が6.5センチメートル、厚さが3.25センチメートルの円形状。体積は110立方センチメートル。研究チームは、遠心式と呼ばれる一般的な補助人工心臓では世界最小と説明している。

世界最小の補助人工心臓を開発した。こういう風に、小さくすることは、昔から日本人は得意としているところだから、うまく特性を生かしたのでしょうね。

何はともあれ、お目でとうです。

|

« レセプト電子請求 | Main | AMAP1乳がん転移を抑える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/9760577

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小の補助人工心臓:

« レセプト電子請求 | Main | AMAP1乳がん転移を抑える »