« 住基ネット | Main | 御酒のみ »

2006.02.25

東大タミフル

東大、「タミフル」化学合成に成功・安定供給に望み


 東京大学はインフルエンザ治療薬「タミフル」を植物原料でなく石油から化学的に合成することに成功した。タミフルは出現リスクが高まっている新型インフルエンザにも効くとされ、各国で備蓄が進んでいる。安定供給できる新技術として今後、実用化を目指す。

 タミフルは現在、スイスの製薬大手ロシュが独占製造している。中華料理にも使う植物の実、八角に含まれるシキミ酸という物質を原料に、化学反応を10回経て作る。短期間で大量生産するのが難しく、天候不順などで原料が不足する恐れもある。

 東大の柴崎正勝教授らは石油から生成する「1、4―シクロヘキサジエン」という安価な物質から特殊な触媒を使いタミフルを合成した。製造途中でシキミ酸を経ないため、タミフルに耐性を持つウイルスが出現しても新薬を作れる可能性があるという。

 新製造法の実用化を目指し、ロシュと今後話し合う予定。成果は3月28日から仙台市で始まる日本薬学会で発表する。


東京大学はインフルエンザ治療薬「タミフル」を植物原料でなく石油から化学的に合成することに成功した。これで安定供給に弾みがつきそうです。

価格も安くなる可能性もある。東大頑張れ!

|

« 住基ネット | Main | 御酒のみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/8826785

Listed below are links to weblogs that reference 東大タミフル:

» 石油から、インフルエンザ薬「タミフル」が出来るっ! [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
タミフルの化学合成に成功 原料は石油、安定供給に道 (共同通信) - 2月25日11時9分更新 インフルエンザの抗ウイルス薬で、新型発生時の切り札として各国が備蓄を進めるタミフルの成分を、植物原料を用いずに石油から化学合成する方法を東京大の柴崎正勝教授(薬品合成化学)らの研究グループが、25日までに開発した。 現在タミフルは、トウシキミという木の実で中華料理に使われる「八角」の成分「シキミ酸」を原料に、10回の化学反応を経て生産されているが、柴崎教授らの方法ではシキミ酸を経由せずに作...... [Read More]

Tracked on 2006.02.26 at 10:54 AM

» タミフル 植物使わず製造 [Let's enjoy!失業生活!!]
インフルエンザの特効薬タミフルを植物原料を使わず化学的に製造する方法を東大大学院薬学系研究科の柴崎正勝教授らのグループが開発した。 世界で需要が急増している抗ウイルス薬の安定生産を可能にする技術として注目されそうだ。 タミフルは、スイスの製薬大手ロシュが独..... [Read More]

Tracked on 2006.02.27 at 10:27 AM

« 住基ネット | Main | 御酒のみ »