« IT化 | Main | 財源 »

2006.01.07

国保保険料、年金から天引き

国保保険料、年金から天引き・未納防止へ2008年度から


 厚生労働省・社会保険庁は2008年度から、公的年金の受給者が国民健康保険に加入している場合、国保の保険料を年金から天引きして徴収する仕組みに変える。年金を受け取った後、国保の保険料を改めて納める仕組みでは加入者の手続き忘れなどで未納が起こりやすいためだ。年金から直接天引きし、拡大する未納を減らし、医療保険の財政悪化を防ぐ。

 政府は医療制度改革の一環として08年度から75歳以上の高齢者が入る新医療制度を作り、その保険料を加入者の年金から天引き徴収する。これに合わせて、新制度の対象とならない74歳以下の国保加入者に対しても年金からの保険料天引きを始める。老齢年金だけではなく障害・遺族年金を受け取っている加入者も対象とする。


むしり取ることを決める時だけは、早い。さすがです。

反省などしていないということでしょう。

天下り先確保に必死なのだから、当たり前の行動です。政策ということは、この程度のことを決めていくこと、ということなのです。

役人と庶民の感覚のずれは、大きすぎるようです。

|

« IT化 | Main | 財源 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/8041042

Listed below are links to weblogs that reference 国保保険料、年金から天引き:

« IT化 | Main | 財源 »