« モーツァルトと楽譜 | Main | ダイオキシン分解遺伝子組み換えで細菌開発 »

2006.01.14

鳥インフルエンザ遺伝子に変異

鳥インフルエンザウイルスに変異・WHO、トルコで確認


世界保健機関(WHO)は13日、トルコで鳥インフルエンザに感染して死亡した人の遺体から採取した高病原性のH5N1型ウイルスの遺伝子に変異が認められたと明らかにした。ウイルスが人から人へ感染する新型インフルエンザに変異したのかどうかを判断するには「トルコでの臨床的、疫学的なデータ収集が必要」とし、現地入りした専門家らが検証を急いでいる。

 WHOが依頼したロンドンの検査機関の報告によると、変異が見つかったのはトルコで最初に死亡した2人のうち1人から検出したウイルス。2003年の香港、05年のベトナムでの症例からも同じような変異が確認されている。

 人の細胞には鳥インフルエンザウイルスが結合できる受容体(レセプター)がないので通常は感染しにくい。しかし問題のウイルスは受容体に結合する部分に変異がみられたという。香港のウイルスは、鳥類の細胞の受容体よりも人の受容体に結合しやすいという調査結果が出ている。検査に当たった研究者は「トルコのウイルスが同じ特徴を持っているのではないか」と懸念しているという。


トルコで鳥インフルエンザに感染して死亡した人の遺体から採取した高病原性のH5N1型ウイルスの遺伝子に変異が認められたと発表した。

かなり深刻な状態になりそうだ。注意が必要だ。

インフルエンザの流行はこれからだし、充分なる注意が必要だと思う。

|

« モーツァルトと楽譜 | Main | ダイオキシン分解遺伝子組み換えで細菌開発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/8153854

Listed below are links to weblogs that reference 鳥インフルエンザ遺伝子に変異:

» トルコの鳥インフルエンザ18人に拡大、変異ウイルス検出で各国動き出す [One And Only]
黒海とカスピ海に挟まれた鳥類の楽園、トルコだが、鳥インフルエンザウイルス感染から変異ウイルス検出によって、鳥インフルエンザウイルス感染拡大と、人から人への変異ウイルス感染阻止に世界は動き出したようだ。 1月12日現在で、トルコ国内での鳥インフルエンザの感..... [Read More]

Tracked on 2006.01.14 at 07:56 PM

« モーツァルトと楽譜 | Main | ダイオキシン分解遺伝子組み換えで細菌開発 »