« 世界銀行への供出 | Main | 米国産牛肉輸入再停止 »

2006.01.18

成人T細胞白血病

がん増殖遺伝子を特定 成人T細胞白血病で京都大


血液のがん、成人T細胞白血病の原因ウイルスHTLV1のHBZという遺伝子が、がん細胞を増殖させていることを松岡雅雄京都大ウイルス研究所教授(血液腫瘍=しゅよう=学)らが17日までに解明した。

 この病気は治療が難しいが、この遺伝子の働きを抑えることができれば、治療できる可能性があるのではないかという。

 松岡教授は、ウイルスに感染した細胞で増殖に重要な役割を果たすとされた別の遺伝子は時々しか発現せず、その遺伝子の情報をリボ核酸(RNA)に写し取る「転写」を抑えるHBZは常に発現していることに着目。

 試験管内の実験でHBZを発現させるとがん細胞が増加、抑制すると細胞は増えなかった。マウスの実験でもがん細胞増殖を確認した。


成人T細胞白血病の治療法が見つかりそうです。朗報です。

ウイルスHTLV1のHBZという遺伝子が、がん細胞を増殖させていることを突き止めたのですから、治療への道しるべが出来ました。

さらなる研究成果が上がることを祈ります。

|

« 世界銀行への供出 | Main | 米国産牛肉輸入再停止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/8214641

Listed below are links to weblogs that reference 成人T細胞白血病:

« 世界銀行への供出 | Main | 米国産牛肉輸入再停止 »