« 自動化 | Main | IT化 »

2006.01.01

介護保険料負担増

65歳以上の介護保険料、4月から月1000円負担増


 65歳以上の高齢者が支払う毎月の介護保険料が2006年4月の改定で、全国平均で1000円程度引き上げられる見込みであることが厚生労働省の調べで分かった。全国平均は現行の3293円から4300円程度となり、約3割負担が増す。高齢者の増加などで介護サービスの利用が増えたためで、引き上げ率は前回の03年度改定の13%を大きく上回る。

 介護保険は利用者負担(1割)を除いた給付費の50%を公費、32%を40―64歳の保険料、18%を65歳以上の保険料で賄っている。このうち、65歳以上の人が払う保険料は要介護者への介護サービスの提供量に応じ3年ごとに見直すことになっており、市町村ごとに異なる。


値上げすれば、良いというものでもないと思う。

介護保険は、支えなき保険だから、いずれ財政破綻しそうな予感がする。

社会的支えのない制度だけを、仰々しく展開しているとしか思えません。

|

« 自動化 | Main | IT化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7946358

Listed below are links to weblogs that reference 介護保険料負担増:

« 自動化 | Main | IT化 »