« プロペシア錠 | Main | 給食 »

2005.12.08

血糖値の測定法

慶大とタニタ、痛みを伴わない血糖値の測定方法を開発


慶応義塾大学の荒井恒憲教授はタニタと共同で、痛みを伴わない血糖値の測定方法を開発した。手のツメに小さなくぼみを設け、そこから血管にレーザーを当てて測る。糖尿病患者など定期的に測定する人が活用すれば、毎回指を傷つけずに済む。くぼみづくりから血糖値の測定まですべての操作ができる装置の開発を目指す。
 ツメの下には毛細血管が密集している。荒井教授らは、外から当てた光が血液に当たった際の反射の仕方で測定できるように、ツメの一部の厚さを薄くする方法を開発した。

 波長193ナノ(ナノは10憶分の1)メートルのレーザーをツメに当てる。厚さ10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルほど残して直径1ミリメートル以内の小さなくぼみができる。ここに測定用の光を出す光ファイバーなどを当てる。


痛みを伴わない、採血しないで、血糖値を測定する方法です。

無用な痛みはさけるべきですが、痛みは人間生きていればさけられません。生きているから痛いのでしょう。

痛みを最小限にするのが、医療術式でしょう。

特に外科は、きったはったの世界です。いつも傷害を与えていることを常に考えないと、そうです抜歯は、いつも傷害を与えています。抜かない方が良いのですが、抜かなければならないこともあります。8020が理想です。

|

« プロペシア錠 | Main | 給食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7522311

Listed below are links to weblogs that reference 血糖値の測定法:

« プロペシア錠 | Main | 給食 »