« 診療報酬と日本歯科医師会 | Main | 備蓄用「タミフル」1000万人分確保にめど »

2005.12.14

遺伝子診断医学

三重大医学部付属病院、国内初のオーダーメード医療部新設


 三重大学医学部付属病院は「オーダーメイド医療部」を国内で初めて新設したと発表した。遺伝子配列の個人差に着目して無駄な投薬を減らしたり副作用や拒否反応を事前に回避したりするなど患者ごとに最適な薬物療法や、生活習慣病の早期診断システムの構築を目指す。
 新設部署は遺伝子解析、治療薬物モニター、予防医療、臨床、研究開発、情報管理の6部門で構成する。専任スタッフは置かず、学内の検査部、薬剤部、看護部や付属病院の関連診療科など既設部署が横断的に連携する。

遺伝子配列の個人差に着目してとあるが、そんなに遺伝子診断技術が進んだのだろうか?

進んでいれば、医学はだいぶ技術が進んでいるんだ。歯科も頑張らなければいけないな。

羨ましい限りです。相変わらず変わらない入れ歯ですものね。

|

« 診療報酬と日本歯科医師会 | Main | 備蓄用「タミフル」1000万人分確保にめど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7615196

Listed below are links to weblogs that reference 遺伝子診断医学:

« 診療報酬と日本歯科医師会 | Main | 備蓄用「タミフル」1000万人分確保にめど »