« エコノミークラス症候群 | Main | HIV感染が最大脅威 »

2005.11.30

首相指示

患者窓口負担、69歳まで3割維持・医療改革で首相指示


 政府・与党は29日、来年からの医療制度改革の焦点である医療費の患者窓口負担について、69歳以下は現行の原則3割を維持する方針を固めた。小泉純一郎首相の指示によるもので、患者の窓口負担増は(1)70―74歳の中低所得者は2008年度から現行1割を2割に引き上げ(2)70歳以上の高所得者については来年10月から現行2割を3割に引き上げ――とすることで決着した。政府・与党は30日にも医療制度改革大綱を決定する。

 現在の窓口負担は69歳までが3割、70歳以上は高所得者が2割、中低所得者が1割。政府・与党は来年10月から70歳以上の高所得者の負担割合を3割にすることでは合意済み。ただ、中低所得者の負担割合の見直しについては政府・与党内で意見が分かれていた。


来年からの医療制度改革の骨子が固まりだした。患者窓口負担についても大筋が決まり始めた。

でもこんなこと首相が指示しないと決まらない内容なのかな?

大きな問題でしょうが、政治的アピールに過ぎないんじゃないの。

|

« エコノミークラス症候群 | Main | HIV感染が最大脅威 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7391286

Listed below are links to weblogs that reference 首相指示:

» 医療制度改革等決着 [七五白書 (しらけないために)]
 郵政民営化法案の成立後の懸案で“小泉改革”の手始めの主要課題でした医療制度、三位一体、政府系金融機関についての改革、見直しがここにきて、まとまって政府・与党の合意ができました。しかも、小泉首相の意向にそって、どれも1、2ヶ月という異例の早さで、これは多くの問題を残しながらも、小泉さんの面目を施すほどのものだと評価されています。  ① 医療制度改革は、影響が大きく関心の高いもので、「医療制度改革大綱」としてまとまりま�... [Read More]

Tracked on 2005.12.02 at 05:46 PM

« エコノミークラス症候群 | Main | HIV感染が最大脅威 »