« 中国で初めて人に感染か  | Main | 妊娠や出産を理由の不利益な配置転換を禁止 »

2005.11.17

診療報酬加算

診療報酬、小児科や産科上げ・06年度改定で厚労省方針
 


 厚生労働省は16日の中央社会保険医療協議会(中医協)で、医師に支払われる診療報酬の2006年度改定について小児科と産科の報酬を引き上げる方針を示した。各地で深刻化する医師不足や高齢出産の増加に対応する措置。加算率は来年3月末までに中医協で決める方針で、これに連動して患者負担も増える見通しだ。

 小児科は大人より診療に手間がかかる半面、投薬や検査が少なく、採算が合わないなどとして閉鎖する病院が相次いでいる。このため3歳未満の外来診療料や15歳未満の患者の入院医療管理料などを引き上げる。


手間ひまかかれば、加算がつくなら、何故入れ歯関係の点数に加算が何年もないのだろう。

職人根性でやれといわれても、無理だ。

人を食べれるように入れ歯びするたびに、時間とお金が新幹線並みに飛んでゆく。

食べられない入れ歯でいいって事と厚生労働省の本気で考えているのかなぁ。

|

« 中国で初めて人に感染か  | Main | 妊娠や出産を理由の不利益な配置転換を禁止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7163735

Listed below are links to weblogs that reference 診療報酬加算:

« 中国で初めて人に感染か  | Main | 妊娠や出産を理由の不利益な配置転換を禁止 »