« 診療報酬加算 | Main | 「タミフル」安全の真偽 »

2005.11.18

妊娠や出産を理由の不利益な配置転換を禁止

妊娠や出産理由の配転禁止・厚労省が均等法改正案


厚生労働省は男女雇用機会均等法(均等法)の改正案をまとめた。妊娠や出産を理由にした不利益な配置転換を禁止することなどが骨子。18日の労働政策審議会の雇用均等分科会(分科会長・横溝正子弁護士)に提示する。年内に最終案をとりまとめ、2006年の通常国会に改正案の提出を目指す。人口減などを背景に進み始めている女性の活用を後押しする。

 改正案では妊娠・出産を理由に本人が希望しない配置転換や、正社員からパートタイマーなどへの契約変更を強要するような処遇を禁じる。これまで禁止されているのは解雇に限られていた。妊娠中と産後1年間の解雇については、企業が妊娠などが理由ではないと証明しない限り無効とする規定を設け、実効性を強める。


厚生労働省は、旧厚生省と旧労働省が一緒になったので、妊娠や出産を理由にした不利益な配置転換を禁止するなどは、所轄になるので、理解も早いし、対処も早いと思う。

やる気になれば、いろいろな案が出せる。やる気があれば、活気付くよ。

Googleの今なんか、やる気満々でいろいろ新機軸を打ち出してきて、活気を感じるよ。

|

« 診療報酬加算 | Main | 「タミフル」安全の真偽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/7181182

Listed below are links to weblogs that reference 妊娠や出産を理由の不利益な配置転換を禁止:

« 診療報酬加算 | Main | 「タミフル」安全の真偽 »