« また医療ミス | Main | 薬価 »

2005.10.16

計画倒れ

医療費の一定額を保険対象外に、患者負担重く・厚労省案
以下に引用する。

医療費抑制のため厚生労働省が今週公表する医療制度改革試案の全容が明らかになった。高齢者などの患者負担増や生活習慣病対策を実施。もう一段の医療費圧縮の追加策として、通院などの際にかかる医療費のうち、一定額までを保険適用の対象外として患者の自己負担とする「保険免責制度」の導入を盛り込んだ。これらが実現すれば、2025年度の医療給付費は経済財政諮問会議が掲げる抑制目標に近づくと厚労省はみている。

厚労省は制度改革試案の中で、医療費抑制策につながる短期の対策と中長期の対策を提示する。ただ、政府の経済財政諮問会議はさらに大幅な抑制策を求めており、なお乖離(かいり)が大きい。厚労省はこの要請にこたえる具体案として、保険免責制度などの追加策を盛り込んだ。

今頃、改革した真似をしている、保険財政は破綻したに等しい状なのに小手先で運用しようとしても、手遅れだと思う。

手遅れなの責任は、官僚にある。国民の命を預けている役所じゃないなぁ。ただ統計を集めて仕事にしている動きの鈍いやからだ。

今までも中、長期計画立ててきた、短期計画も、それがすべて間違っていたのにな。新しく計画立ててもお金が足りませんとまた国民に言うと思う。

官僚は責任とったの観たこともない、止めさせられたの観たことない。

|

« また医療ミス | Main | 薬価 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/6423774

Listed below are links to weblogs that reference 計画倒れ:

« また医療ミス | Main | 薬価 »