« 心筋に変わる幹細胞取り出し | Main | 糖尿病治療に新境地 »

2005.09.24

介護事業経営概況

厚生労働省がまとめた2004年の介護事業経営概況調査で、特別養護老人ホームなど介護3施設の利益率が低下したことがわかった。最初に高め設定だからだと思います。

03年4月の介護報酬改定で利用者の多い施設介護を中心に報酬単価を引き下げたことが響き、3施設いずれも02年に比べて利益率が下がった。施設介護は、上もの行政だから、内容には関係ない。施設を作れば、解決すると思い込みがある。

調査は04年9月の収支状況について、全国の介護施設・事業所を無作為抽出して実施した。1施設あたりの損益を補助金を除いたベースでみると、介護施設はすべて黒字で、特養ホームは199万円、介護老人保健施設が365万円、介護療養型医療施設は669万円だった。

結構、利益出ているな、歯科はそれにしても厳しい状況です。特に入れ歯は、最悪状態です。

|

« 心筋に変わる幹細胞取り出し | Main | 糖尿病治療に新境地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/6093807

Listed below are links to weblogs that reference 介護事業経営概況:

« 心筋に変わる幹細胞取り出し | Main | 糖尿病治療に新境地 »