« 介護事業経営概況 | Main | たんぱく質BMAL1デブ »

2005.09.26

糖尿病治療に新境地

田中紀章岡山大教授(消化器・腫瘍外科)、小林直哉助手らが、インスリンを作る膵臓の細胞を、試験管内で大量に培養することに成功、米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジーに26日、発表した。
 
1型糖尿病の患者などに膵臓などの移植が行われているが、提供者不足が問題だった。培養細胞は無限に増やすことができるし移植できるようになれば多くの患者の治療に役立つとしている。
 
小林助手らは、膵臓の中でインスリンを作る膵島のベータ細胞を使い、試験管内で細胞を増殖させる遺伝子を導入し培養に成功した。約250種類のうち1種類の培養細胞がインスリンを分泌し、糖に反応して分泌量を調節していることを確認した。
 
増殖させたまま移植すると安全性に問題があるため、遺伝子組み換えでこの遺伝子を切断、細胞を安定化させた。癌化をおさえた。
 
この細胞は通常のベータ細胞の4割のインスリンを分泌しており、300万個に増やした細胞を糖尿病のモデルマウスに移植した実験で、30週にわたり血糖値を正常に保つことができた。

これは新しい境地を糖尿病患者にもたらすかも知れません。

糖尿病患者が、歯周病になると、直りが悪いので、糖尿病を抑えてもらえるとありがたいです。

|

« 介護事業経営概況 | Main | たんぱく質BMAL1デブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/6124323

Listed below are links to weblogs that reference 糖尿病治療に新境地:

« 介護事業経営概況 | Main | たんぱく質BMAL1デブ »