« 糖尿病治療に新境地 | Main | β―グルカン »

2005.09.28

たんぱく質BMAL1デブ

日本大学の榛葉繁紀専任講師らは、体のリズムを制御する「体内時計たんぱく質」の仲間で、夜になると増えるたんぱく質の一種に、脂肪を細胞内にためる働きがあることを発見した。その名は、BMAL1です。BMAL1で、デブになる。

細胞にこのたんぱく質BMAL1を組み込むと、脂肪をためるようになった。「夜食べると太る」という現象に関係しているとみられる。
 
昼間は体内にほとんどなく、午後10時から午前2時にかけて増えるたんぱく質「BMAL1」を調べて見た。

BMAL1は、全身に分布しているが、特に脂肪組織に多いことに着目した。遺伝子操作でこのたんぱく質BMAL1を組み込んだマウスの胎児の細胞にインスリンを加えたところ、細胞は一週間後には糖を脂肪に変えてため込むようになった。

BMAL1がない細胞は、脂肪をため込めなかった。また、脂肪細胞内のBMAL1を増やすと、脂肪量が通常の1.5倍に増えた。

やはり、寝る前の夜食は、太るんだ。やめよーと。太る原因をもとから断つことね。

|

« 糖尿病治療に新境地 | Main | β―グルカン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/6153607

Listed below are links to weblogs that reference たんぱく質BMAL1デブ:

« 糖尿病治療に新境地 | Main | β―グルカン »