« 老化防ぐホルモン | Main | インドで »

2005.08.27

再生医療で心臓病改善

再生医療で重い心臓病改善、骨髄細胞を利用・埼玉医大の記事、以下に引用します。


 埼玉医科大学は27日、重症の心臓病患者に患者の骨髄細胞を移植する再生医療を実施して、弱った心臓の機能を回復させることに成功したと発表した。患者は補助人工心臓をつけないと生命を維持できないほど重症だったが、日常生活を送れるまでに改善し、同日退院した。補助人工心臓をつけた重症患者が再生医療で退院できるまでに回復したのは、世界でも初めて。

 治療を受けた患者は61歳の男性で、今年2月に心筋梗塞(こうそく)を起こし同大総合医療センターに入院した。一時的に心停止状態になったが、補助人工心臓を着けて命を取り留めた。持病の糖尿病が原因で腎臓の働きが低下し透析治療をしていることなどから、心臓移植も受けられる状況になかった。

 許俊鋭教授らは患者の腰骨から骨髄液を採取し、赤血球などを除いた細胞などを冠動脈内に注入する治療を5月に実施した。その後、心臓の機能が回復し、6月には補助人工心臓を取り外すことができた。


良かったね。持病に糖尿病があれば、リスクはかなり高いが、よく無事に退院まで回復したと思う。

骨髄細胞を移植する再生医療を実施して、弱った心臓の機能を回復させることができた。再生医療は、すばらしい進歩だと思う。歯科にも早く応用できる、道筋がついて欲しいものだが、その順位は低いのだろう。

命優先なのは、分かるが、患者さんから、歯科では出来ないのと、言われるとつらいです。

|

« 老化防ぐホルモン | Main | インドで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/5658150

Listed below are links to weblogs that reference 再生医療で心臓病改善:

« 老化防ぐホルモン | Main | インドで »