« 再生医療で心臓病改善 | Main | やせ薬国内未承認の成分検出 »

2005.08.28

インドで

インド北部ウッタルプラデシュ州で日本脳炎が流行し、27日までの約2週間で212人が死亡した。モンスーンによる浸水などで、衛生状態が悪化していることが原因とされる。

現在発症した約300人が入院して治療を受けている。ほとんどは子供だという。

日本脳炎はワクチン接種によって予防可能だが、同州当局は、住民全員に予防注射をするほどの予算がないと話している。

ワクチン接種のワクチンを自衛隊で空輸して、自衛隊医官による接種作業をして、人道的外交にすばやく着手すべきだと思う。

イラクの派遣よりも、自衛隊の面子も立ちやすい。

|

« 再生医療で心臓病改善 | Main | やせ薬国内未承認の成分検出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/5673071

Listed below are links to weblogs that reference インドで:

« 再生医療で心臓病改善 | Main | やせ薬国内未承認の成分検出 »