« 携帯スキャナー  | Main | 再生医療で心臓病改善 »

2005.08.26

老化防ぐホルモン

老化防ぐホルモンを米大発見 マウス寿命延びる
の記事を以下に引用する。


 老化を防いで寿命を延ばす働きのあるホルモンを、黒尾誠・米テキサス大助教授らのグループが世界で初めてマウスで発見し、二十六日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 このホルモンを作り出す遺伝子と同様の遺伝子はヒトでも見つかっている。動脈硬化やがん、認知症など加齢に伴うあらゆる病気の予防や治療法開発につながる成果で、老化の仕組み解明にも役立ちそうだ。

 黒尾助教授は「不老長寿の薬を作ることも原理的には可能と言える。寿命の操作という観点ではなく、さまざまな生活習慣病について、個々にではなく一括して発症を遅らせたり症状を軽くしたりする治療に道を開くと思う」と話している。

 黒尾助教授らは、突然変異したマウスを調べた際、欠損すると通常より早く全身に老化症状が現れる遺伝子「クロトー」を発見。クロトーが主に腎臓の細胞表面に特定のタンパク質を作り出すことを突き止めた。

 遺伝子操作でクロトーの働きが通常の二-二・五倍となるマウスを作製したところ、寿命が一・二-一・三倍に延びることが判明。クロトーが作るタンパク質の構造の一部が切れて血液中に入り、全身を巡ってインスリンの作用を抑制するホルモンとして働くことを確認した。

不老長寿の薬発見と言うことなのか?
解明されていくと更に分かりますが、今の段階ではその事実までは分からない。

解明が進むことを祈ります。副作用の有無も知りたいと言う思いです。

人間はいくつまで生きれば幸せなのか、これは見当もつかない、テーマです。

いきる価値ある人生になるともっと分からなくなります。

ホルモンか、自己生成できるんだ。

|

« 携帯スキャナー  | Main | 再生医療で心臓病改善 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/5646562

Listed below are links to weblogs that reference 老化防ぐホルモン:

« 携帯スキャナー  | Main | 再生医療で心臓病改善 »