« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.25

日野原重明先生

「93歳私の証・あるがまま行く」
心からほほ笑む真心
の記事です。以下に引用します。
入れ歯についての大変良い考察なので全文引用します。


 今日から歯の衛生週間が始まります。虫歯のない人でも、1年に1~2回は必ず歯科医を訪れることをおすすめします。この6月4日を機に、予約を入れてみてはいかがでしょう。

 さて、どんな人であれ、その人のもつ一番よい表情は笑顔であると私は思っています。その笑顔をいっそう引き立ててくれるのが、きれいな歯並びです。ヨン様ことペ・ヨンジュンの魅力もこれが大きいのです。

 人間の表情は、左右同じ数の顔面の表情筋でつくられます。なかでも一番直接的な役割を演じるのは、唇の左右の端、つまり口角を斜め上に引き上げる小さな筋です。笑顔はこの筋を上手に働かせることによりつくられます。口角がどのくらい引き上げられ、口元からどのくらい歯列が見えるかで笑顔も変わってきます。

 子供のころから歯列やかみ合わせの矯正を行うことが、日本に普及して久しいので、最近はきれいな歯並びを持つ人が増えてきました。専門の矯正歯科も増えて、美容外科の歯科版ともいえる審美歯科まで登場しています。

 矯正歯科の仕事は、歯やあご、口腔(こうくう)の状態を美しく維持、修復することだけではありません。機能的にも、心理的にも安定させて、体全体を健康な状態に保つことまでが含まれます。

 歯・歯列、かみ合わせの状態やあごの骨の形態など、それぞれがバランスのとれた状態になると、体のさまざまな部位や機能にも影響が出ます。

 歯は発声器の一部としての機能を持つので、歯列が整うと発音もはっきりします。かむ力も強くなります。下あごが安定した状態になると、食べ物もスムーズにのみ込めるようになります。消化器系の器官の働きがよくなり、正しい生理的機能が果たされる。

 若い人に限らず、老人にとっても矯正歯科の扱う領域は重要です。老人の病気の原因を探ってみたら、合わない義歯を使用していたことだったという話はよくあります。歯が抜けていたり、歯や歯肉の色が悪いと実年齢より老けて見せるハンディキャップにもなります。

 英米ではこうした健康上の理由も考慮され、戦前からすでに歯列やかみ合わせの矯正が一般化していました。矯正歯科の力を借りて、美しさだけでなく、健康も手に入れられたら、それはすばらしいことだと思います。その人が自信を取り戻せたら何よりです。

 最後に付け加えておきたいことがあります。

 表面的な顔の表情やきれいな歯並びだけで笑顔が完成するわけではありません。心からほほ笑む真心がその下になければ本当の笑顔とはいえないのです。ほほ笑みは心の健やかさを示し、病の癒やしにもつながるものなのです。

すばらしい含蓄のある文章です。6月4日はすぎましたが、虫歯デーは虫歯マンスで考えてください。

「心からほほ笑む真心がその下になければ本当の笑顔とはいえないのです。ほほ笑みは心の健やかさを示し、病の癒やしにもつながるものなのです。」という最後の言葉は、しびれます。

さすがに人生の大先輩です。ありがとうございます。入れ歯頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.23

労災申請

離島診療で過労死・小笠原諸島の歯科医の妻が労災申請の記事です。以下に引用します。

申請書類などによると、医師不足が指摘される離島での勤務を希望していた副島さんは2000年に伊豆諸島の三宅島(東京都)に移住。その後の噴火で島を離れ、02年に東京都小笠原村と業務委託契約を結び、母島(人口約450人)の診療所に赴任した。

同島の歯科医は副島さんのみで、急患も多く、義歯などを加工する歯科技工士もいなかった。加工を島外に発注すると時間がかかるため、副島さんは通常の勤務時間外に技工士の仕事もこなし、診療報酬明細書(レセプト)も自ら処理していた。その結果、亡くなる直前2年間の残業時間は月平均100時間に達し、多い月は200時間に上るなど肉体、精神的に苦しんでいたという。

義歯を作るには、かなりの時間が必要だし、つらい作業です。肉体労働です。長時間低収入労働だからなぁ。
体は一つですね。

それにしても労災申請か、医療の現場にはあまりあわない話です。

合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.21

MSNのリニューアル

MSN Japanが7月4日にリニューアル、検索機能を強調するデザインへ
と発表した。以下に引用する。


マイクロソフトは、Webサイト「MSN」のレイアウトを変更するなどのリニューアルを7月4日に行なうと発表した。

今回のリニューアルではまず、ページトップに配置した検索フォームのカテゴリを7つに拡大。検索機能を前面に押し出すレイアウトに変更するという。米国のMSNではすでに新しい検索エンジン「MSN Search」を強調するレイアウトになっているが、国内での新エンジンの提供は未定だ。


 
新しいデザインになるんだ。最近検索エンジンの改変が目立つが、MSNもβ版を正式版にして、検索業界に殴りこみをかけるのかな。

β版でないとみっともない。ずいぶんアナウンスしてから、いつものように、時間がかかっているからね。

国内での新エンジンの提供は未定だ。とあるから、まだなのかな。記者会見に参加したのではないので、良く分からないが、うーん、デザインだけの改変もありうるな。

遅れをとること久しいが、本当に大丈夫なのかな?しっかりしないと、だんだん落ちていく。ビル・ゲィツも年をとったのかもしれない。巨人よ立ち上がれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.19

薬事法違反が

薬事法違反摘発が、増えています。

ガンに効くーーーなどと表示して広告を出しているところが多数見られますが、その効果が医学的に証明されていないと、薬事法に引っかかります。

過大広告になってしまいます。

ダイエット効果があると、宣伝広告しても、同じです。医学の学術雑誌にきちんと載っていないと、広告としては、過大表示になってしまいます。

薬効を謳っても、厚生労働省で認められていないのですから、誇大広告でしょう。

薬は、毒にもなれば、薬にもなります。医師の指導の下で、服用することが、やはり望ましいのでしょう。

薬を販売するには、許可が必要です。許可を取っていない所から買うことは、法律的には、出来ません。

ネット販売では、本当に免許があるかは、わかりませんので、注意してください。騙されることすら、ありうるのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.15

輸血の副作用

輸血から、数時間で激しい呼吸困難を引き起こす肺障害「輸血関連急性肺障害」(TRALI、トラリー)の副作用報告。
97年~04年の8年間に99件発生した。
死亡例97年~03年で12人になった。と日赤が調査した。

輸血の100%安全性は否定されたが、過剰に恐れる必要はない。

原因はまだ、分かっていないが、血液中のタンパク質が、輸血を受けた患者の白血球と結びつき、免疫の働きが異常になると考えられています。

輸血にも注意が必要になった。加熱だけでいけないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.12

ロボット

トヨタが、家庭用ロボットの開発に着手した。産業ロボットの技術で開発出来るそうです。
医療、介護の需要が増えることを見込んでの開発です。

介護での、人間の手足となってくれると、かなり重労働の介護の現場には、福音になるのでは、と思います。
ただ機械なので誤作動がやや心配です。安全には、特に配慮が必要です。

販売価格を10万円から、数十万円程度にしないと、なかなか普及しないらしい。需要と供給の問題ですね。
安くなれば、爆発的に売れるかもしれません。

5年ぐらいの寿命なのかな、車並みに10年ぐらいなのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.11

ばらまき行政

行政は、ばらまき行政しかしていない。

広く浅くいろいろな人に届くようにそれを主眼に行うのが、原則でしょう。

しかし、予算は有限ですから、これでは経済が持たないのです。

経済破綻をもたらす、行政ですから、それをチェックするのは、国民でしょう。

右肩上がりの成長率のある時期は、これでも何とかいけました。でも安定成長に入ると、予算も枠を決められるのですから、重点投資にならなければならない。その意識がないまま、官僚は今までやってきた。

さらにひどいのは、官僚には責任をとる必要のない機構だから、たちが悪い。ところてん式の出世街道です。個性の埋没でしかないと思う。

しかも、前例がないの、連発です。下級官僚ならいざ知らず、高級官僚なら、法整備にかかわれるのだから、前例のない話でも出来るようにするのが、本当のお仕事でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.08

日医

日医が、高齢者医療制度で、給付費の2割を高齢者が負担にすることに、方針転換した。

今までは、1割負担を譲らなかった。

それでも一番高い保険料になる、高齢者医療が、残りの8割を、他の保険団体を当てにしている。要するに財政基盤もないと言うことには、変わらない。

たの引き出される団体保険が、赤字になれば、誰が負担するのだろう。

エンドユーザー負担が原則なのに、他人のふんどしで相撲を取るようなものだから、いつも負担供出先を探している。

もうそろそろ、保険制度を抜本的に変える必要がある。日本を見習った保険制度を導入した、台湾では、保険の赤字転落が見込まれている。

そろそろしないと、危ない

いやもう実質保険は赤字なのだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.07

審査請求

審査請求:事務職への異動は不当 女医が横浜市人事委ににある記事です。以下に引用します。


請求によると、松岡さんは99年、同センターに赴任し脳血管疾患の治療を担当してきた。センターでは03年7月から8月に内視鏡手術で患者が意識障害に陥るなど2件の医療過誤が発生。松岡さんは院内の会議で、内部手続きを経ずに手術が実施されたことを指摘したり、市が調査委員会の報告内容と異なる発表をするようセンターに指示したとして批判した。

 松岡さんは今年4月1日付で市保健政策課係長に異動となった。地方公務員法に基づき市に理由説明を求めたが「説明できない」との回答だったという。松岡さんは「未経験の事務職への異動に合理的な理由はなく、手続きも違反だ」と主張している。


術者として長い経験を持つ女医さんみたいですね。医学は伝承の部分がかなりあるので、事務職への配置転換のための、移動はおそらく、納得がいかないのでしょう。

腕が悪いのなら、ともかくとして、そうではないみたいだし、変な配置転換ですね。衛生課などへの移動なら何となく、分からんこともないが、事務職か?

この経験を後輩への伝承のために生かして欲しいと思う。もったいないと思います。
行政職への移動なら何となく理解できるが、報復人事の感じがします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.06

防虫駆除

今日は朝から晴れ、市役所から、噴霧器を借り出し、防虫駆除のために、消毒薬を空中噴霧しました。

メンバーは、自治会長、和菓子屋さんの旦那、焼き鳥やさんの旦那です。

9時に集合して、町内を一巡しました。

天気で、薬を撒くには、最良の日です。カが出始めたじきだから、タイミングは、どんぴしゃりです。

2日ほど、天気が持ってくれれば、最高です。

今度の予定は、7月11日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.05

ぜんそく調査

5~9歳の子供は、1/7の割合でぜんそく症状があることが、分かった。

「小児のぜんそくとアレルギーに関する国際調査」(ISAAC)の基準に従い0歳から80歳までの調査を行った。

今までの調査は、基準がばらばらであった。

有症率
0~4歳では、24%
5~9歳では、15%
10歳以上は、10%前後という結果が出ました。

基準作りでさえ、こんなにかかるのかなぁ、不思議な国ですね、日本は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.02

予防接種中止

日本脳炎の予防接種を、厚生労働省が、決めた。

重篤な障害を引き起こす恐れがあるために、中止を決定した。

巷の内科医の間では、危険がありすぎるので、やめたいという意見が多かった。これでやっと、患者さんから、頼まれても、接種しないで済むので、安心だと思う。

この種の話になって、10年以上経過した。この間、事故もあったと思うが、表には出ていない。
即応体制で決めなければ、ならないのに遅すぎる決定だ。この程度の仕事しか出来ないし、責任は、決して取らない。気楽な稼業だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

財政制度等審議会

財務省の諮問機関である財政制度等審議会で

06年に制度改革を予定されている医療部門では、公的医療給付費を抑制するため、費用の少ない風邪などの診察は、保険給付対象外とする、保険免責制を導入することを、提言した。

どうなるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »