« 大腸ガン率 | Main | 心臓が左 »

2005.05.11

アレルギー

アレルギー促す仕組みを、一條秀憲・東大教授らが、解明した。

活性酵素が、炎症とアレルギー症状を引き起こすことを、マウスでの実験で確かめた。
リン酸化酵素「ASK1]は、タンパク質と結合しているが、ある種のウイルス、細菌感染で、体内活性酵素が発生し、結合を解除する。その時の分離でASK1の働きが活発かし、炎症性サイトカインが血液中にたくさん作り出されることが、確かめられた。

すごいな。治療に応用できるそうです。

|

« 大腸ガン率 | Main | 心臓が左 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/4080644

Listed below are links to weblogs that reference アレルギー:

« 大腸ガン率 | Main | 心臓が左 »