« 人工心臓 | Main | 心の病 »

2005.05.29

医療格差

がん治療に格差ががあるという。
原因は、抗がん剤治療の内科医が不足とあった。
これだけなのかという疑問がある。

人のやることは、その人で全て違いが生じる。
高校の数学のテストを思い浮かべて見ても分かる。点数は必ずばらつき、平均点の前後に点数が集中する。
良い点数になれば、人数が減る。良い点数の人は専門的に勉強していってもおかしく人です。
その人を集めて、大学、さらに大学院でテストしても、よく出来るひとは、また少ない人数になります。

専門医制度とは、少数しか養成できません。またなりたての専門医もいます。知識を補充しない古すぎる専門医もいます。

|

« 人工心臓 | Main | 心の病 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/4322923

Listed below are links to weblogs that reference 医療格差:

» 気になる記事から (8月19日) [シーガルアイ公式ブログ 『カモメの目』]
専門医制度 改革に本腰 相次ぐ手術ミス…学会など動く 心臓や腹腔(ふっくう)鏡手術など専門的な医療での事故が相次ぎ、専門医の「実力」に疑問符がついている。心臓血管外科専門医の認定には、今年から実技試験が導入されることになったほか、日本医学会などは専門医に定員を設けることを検討し始めた。専門医制度の改革は実を上げることができるか。… (yomiuri on-line) この記事は以前も取り上げましたが、心臓血管外科専門医認定機... [Read More]

Tracked on 2005.08.19 at 08:01 PM

« 人工心臓 | Main | 心の病 »