« 国民年金問題2 | Main | 第一次イラク陸自派遣隊帰国 »

2004.05.17

お母さんは何故左胸に子どもを抱くのか

お母さんは何故左胸に子どもを抱くのか


左胸には、心臓があります。心とか精神とかいうことがらは、脳に視床下部が大きな役割を担っています。しかし心を表す表現はハートのマークをして表現されます。すなわち心臓です。母親の利き腕にかかわらず、左胸に抱く人が多く、買い物を持つ側は左右差がないそうです。
ところが枕を抱いて寝る場合、左右差がないのにもかかわらず、危険にさらされた赤ちゃんと思って抱いてくださいというと、多くの女性が左側に枕を抱えた。また歯科治療中、歯科医の利き腕にかかわらず、すなわち左からの治療でも、意識を集中すると痛くなくなるボールですといって渡すと左側に抱くことが多いのにも、何か不安や赤ちゃんというものに左に抱く要因があるようです。
ところが未熟児を生んだお母さんは、抱くときに左右差がありません。ここで言う未熟児は、妊娠38週以前に生まれた赤ちゃんで、満期産で生まれたが体重が少ない赤ちゃんは含みません。色々な要因があるでしょうが、未熟児の場合、お母さんの具合が悪かったり、赤ちゃんが保育器に入っていたりして、お母さんと赤ちゃんが生後、離ればなれになる期間が長く、正常出産の母子は早く対面でき、一緒になれるという違いが大きな原因となっています。出産後24時間以上母子が離ればなれになっている満期産と、24時間以内に自分の赤ちゃんと接触した満期産の場合、利き腕に関係なく、24時間以内に母子ともに一緒になった場合、77%左側に抱いて、長時間母子が一緒になれなかった場合は、特に抱くにあたって左右差がなかった。
抱っこ法の基本的原理は「泣いていい」です。第2の原理は「泣けなくなると苦しくなる」です。泣きたいのに泣けなくなった時、訴えたいのに訴えられなくなるとき、そんな時の心理は、いわばすねている時の心理と同じです。感情を解き放ちたいのに「心の歯止め」がかかってしまった状態だと泣くに泣けなくなり苦しくなります。歯止め(抑制)をはずして、再び泣けるように助けてあげると心の傷は癒されます

抱っこは、女の人の基本的な行動なのでしょう。男は赤ちゃんが、不安になるのか、抱き心地が悪いのか、赤ちゃんが抱っこでも泣きます。不思議です。

|

« 国民年金問題2 | Main | 第一次イラク陸自派遣隊帰国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/608515

Listed below are links to weblogs that reference お母さんは何故左胸に子どもを抱くのか:

« 国民年金問題2 | Main | 第一次イラク陸自派遣隊帰国 »