« マスコミのいい加減さ | Main | 稚鮎 »

2004.05.05

セカンドオピニオンを受け付ける病院

セカンドオピニオンを受け付ける病院が増えて来ました。
虎の門病院セカンドオピニオンです。

<なぜセカンドオピニオンが必要か> 医師は自分が最もよいと思う方針を勧めます。しかし別の立場の医師から説明を受ければさらに具体的な比較が出来るようになり、より納得のいく治療が期待されます。

<セカンドオピニオン導入の経緯>
1993年にインフォームド・コンセントの徹底を当院の方針とし、情報提供に重点をおきましたが、
それだけでは自己決定は浸透しません。単なる情報提供だけでは面倒な同意書の手続きで終わってしまいます。
セカンドオピニオンをすすめることで具体的な診療の相談が自由にでき、且つ複数の意見を聞くことで医療のあいまいさや限界を理解していただける可能性があります。
その結果、医師及び医療従事者とのよりよい人間関係が築けるものと期待し「セカンドオピニオンのすすめ」を導入しました。


歯科でも受け付けています。初めてではないでしょうか?
インフォームド・コンセントと連動しているのですが、保険は、全く知らん顔で、ますます、医学の流れから、取り残されています。官僚は、無関心を装います。インフォームド・コンセントは、セカンドオピニオンと一体となり、患者さんと医師との溝を埋めるためのものなのです。

|

« マスコミのいい加減さ | Main | 稚鮎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/542671

Listed below are links to weblogs that reference セカンドオピニオンを受け付ける病院:

« マスコミのいい加減さ | Main | 稚鮎 »