« ウェブログは、埋もれていく日記か | Main | セカンドオピニオンを受け付ける病院 »

2004.05.04

マスコミのいい加減さ

イラク人質事件の時、人質になっている映像が配信され、その中で、日本語らしいと思われる「イッテ」と言う言葉が、聞こえるという報道が有ったが、解放された、人質だった人に、日本人、もしくは、日本語を話せる人は、いなかったと、否定されました。似たような言葉が、イラク語にあるとも、言っていた。
なぜ、マスコミは、放映前に、イラク語の専門家に、聞いてもらって、事の真実を、確かめた上で、放映しなかったのだろう。
この程度のことも検証しないで、事実を知る権利があり、それを報道する権利があると、大上段に構えているのが、おかしくて笑えます。マスコミの幼児化の現れなのかも知れない。筑紫さんも、オーム報道の時、TBSをやめようとしたらしいが、その後も、まだ同じ番組のキャスターをまだ続けています。
責任を取るという事が、出来ないのは、マスコミと政治家の専売特許みたい、いずれも国民をリードする、超エリートです。当事者は、その点に、自己陶酔を共にしている点が共通です。一皮はがせば、ただの人、いや、せこい人かな?

|

« ウェブログは、埋もれていく日記か | Main | セカンドオピニオンを受け付ける病院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/537600

Listed below are links to weblogs that reference マスコミのいい加減さ:

« ウェブログは、埋もれていく日記か | Main | セカンドオピニオンを受け付ける病院 »