« 閣僚年金問題 | Main | 団塊パワーは景気の牽引役となるか »

2004.04.28

年金問題

年金問題の一番の原因は、官僚の無能だと思う。受給者と支払う側のバランスの問題を間違えた結果だと思う。
人口の統計を少子化問題が、言われる中、出生率を、多めに楽観的に見積もった結果だと思う。いやその前に、
団塊の世代を支払い側で上手く使い、支払われる側になったら、切り下げを目論でいたのかも知れない。
テストで言えば、落第点だと思う。でも官僚は責任は問われない。気楽な稼業ですな。
国民の働く気を消失させるような、作文でした。それがお粗末な年金制度への感想です。

しらけています。官僚の無策を嘆きます。

|

« 閣僚年金問題 | Main | 団塊パワーは景気の牽引役となるか »

Comments

厚生年金と国民年金が一元化、統合して老齢年金と名称が変わって、それで14,5万円もらえるようになってあたりまえじゃないの。

子供なんていらないよ。もっと学校がつぶれるほど子供が減ればいいじゃないの。

多すぎるんですよ、子供が。

それに女は子供を産む道具じゃない。

Posted by: ばかじゃないの | 2005.11.20 at 04:26 PM

国民年金の受給額は低いです。60歳から貰わないと、生きていけない人がほとんどです。
でも、手取りは5万円くらいしかありません。
今度、最低保証年金が5万円で、40年間納付すれば7万円くらいになるなんて言ってるけど、まだ完全に決まっていないのですか?

はやくそれもやってほしいし、厚生保険と国民年金の統合をすると新聞に出たけど、受給額がいくらになるか、書いてないし、厚生年金とはまだかけはなした金額しか受給できないようにするのでは、あまりにも酷すぎます。
厚生年金、自分で支払っていたのは月14500円くらいでした。
国民年金は13300円。苛めでとうとう辞表を出した25歳の時から、
国民年金の支払いが始まりました。
いずれ、16500円くらいに上がるというのですが、これ以上納付額をあげないで、厚生年金と同じ金額を貰えるようにするには、
厚生年金と国民年金の一元化、統合をしてもらうしかないです。
厚生年金と国民年金を統合しても、受給額を15万円くらいから減少させないでください。
厚生年金を下げないでください。
いま、13300円を支払っていると、厚生年金と同じだけ60歳から貰えるようにしてください。
ほんとは60歳から貰う時に、30%カットも無しにしてくれればいいじゃないですか。

国民はみな平等と言うのは、厚生年金の人が会社に負担してもらってるお金があるのに対し、国民年金の人は、35歳まで国民年金基金を国民年金とは別に、30000円も支払わないといけないという差別があって、ぜんぜん平等じゃないし、35歳以降は2万円支払わないとならないし、国民で、国民年金を支払えていないという人もいるのに、あまりにも酷すぎると思います。

国民年金と厚生年金の統合をして、老齢年金というふうに名前もかえて、60歳から受け取れるようにしてください。

食費20000円、上下水道台3500円くらいと思います。
固定資産税、月7000円、医療貯金10000円、
電話2000円、ガス2000円、電気2000円(基本料金と夜のトイレ時、洗濯機を使うともっと上かも)銭湯台3500円(2日入らないで3日目に入りにいくと)、で50000円です。
テレビも無ければ新聞もない。だから最低保証年金を5万円にして、 60歳までずっと支払うと、7万円になるとかじゃなくて、厚生年金と同じ金額を貰いたいのです。

家で風呂に入るには、月5千円の灯油台、電気でわかすのだから電気代も2000円は上がるし、トイレットペーパー代500円、洗剤代600円、CATV代3150円、新聞代3150円、普通の貯金1万円。髪のカット代一番近い店で3000円。
以上で30100円は必要です。
それに11月から3月末まで暖房代が欲しいです。
風呂も寒いから一日に2回入る日も増えるし、ホットカーペットも電気を入れる。
歳をとると、新陳代謝が悪くなるから、寒いから電気敷き毛布か、掛け毛布がほしいし、あと電気代の一万円も支給して欲しいし、
それにもっと厚生年金のように暮らしに余裕が欲しいので、厚生年金と同額の支給が欲しいです。

この世の中に親に勝手に産み落っことされて、老後は最低の暮らしをどうしてしないといけないんですか。
早く今のお年より達の分も、引き上げてください。

Posted by: とい | 2005.11.20 at 04:20 PM

今、年金問題ばかり注目されてますが、最重要なのはやはり少子化問題です。
解決策はずばり厚生年金の廃止であると思います。
老後の裕福な暮らしは、もはや必要ないと思います(国民年金で十分)
その余剰財源を出生者の補助金に当てるという考えです。〈16歳まで毎月〉
<1人目は月5万円、2人目は月10万円、3人目は月15万円という感じに〉
出生率を上げる為の一時的な高額な補助金でも構いません。
現状の1万、2万の補助金では数字が上るはず無いのです。
出生率が上れば日本の未来は明るいです。
しかし、このまま行けば40年後の人口半減は避けられないと思います。
そうすれば人口による様々な需要の半減がもとに経済は確実に目も当てられ無い状況に陥ります。国債も返済のメドが立ちません〈経済破綻〉
そうなればアジアでも力の無い国になってしまいホントの老人大国になりかねません。政府や地方自治体に手遅れになる前に目を覚ましてもらいたいです...。

Posted by: ごん | 2004.08.20 at 12:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/504452

Listed below are links to weblogs that reference 年金問題:

« 閣僚年金問題 | Main | 団塊パワーは景気の牽引役となるか »