« March 2004 | Main | May 2004 »

2004.04.30

厚生大臣の時に未納

民主党の菅直人党首だ。
閣僚に未納者がいたことが発覚し、菅直人氏はその閣僚を”未納3兄弟”と名づけ、その事務管理能力の欠如を責めていた。もし彼に未納期間がなければ、参議院選挙に向けてのいいアピールだったが、彼にも未納期間が在った。
しかも厚生大臣在籍中だから、始末が悪い。社会保険庁は、厚生大臣の所轄だし、旧厚生省の下部機関だから、官僚に言われて、事務所がした不始末では、申し開きが出来ない。
厚生大臣在職中に、国民年金から、督促状が届いて、全く無視していたとしたら、おかしいです。
なんかな、督促状は、恐れ多くて、大臣には、出さないのかな、社会保険庁は、人を見て行政を執行するのかな。
メーデーの多数の労働者の前に、厚かましくも顔を出し、弁明をしたつもりで、後は海外視察で機中の人です。
なんと旅行にもいけない労働者との余りにも、際だちが有りますな。それだけ大物ぶっても、所詮やった行為は、超小物です。
菅直人のブロッグに、トラックバッグしたいが、ストーカーと見なされるて、つかまりたくないので、断念です。(笑)

| | Comments (14) | TrackBack (0)

反日思想の持ち主

柏村参議院議員のこの答弁、これはマズイです。

愛国心は、国民一人一人が自発的に持つべきものであって、強要するのはもってのほかなのです。
しかも反日とはおかしい。戦前の発想みたい。

議員が、目指す国のあり方とは、なんなのか?
国民が、議員に感じているいい加減さがある。強制されるものではない。
実際、この国のあり方が、愛国心を持てる国なのだろうか? 持ちたいとは思いながら、思案しています。でもアメリカ人に悪口を言われれば、反発しますので、愛国心は、有るのでしょう。
年金問題もこの、延長線上に有るのを、気が付かないのは、議員のみか?しっかりしろよ、議員サン方

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.04.29

年金法案

衆議院厚生労働委員会を通過して、予定では5月6日、衆議院で可決する予定だそうだ。
それに対抗するには、リコールを要求するか、個人で支払い拒否をするかしかない。
つぶれた年金制度を改正で100年安心する年金法案だそうだが、つぶした官僚の作文で100年安心なんかできっこない。
こんだけの失政をしているのに、小泉さんは、何を考えているのか?解散、総選挙を選ぶべきだな。
政治家の国民年金加入率も63%位なのかもよ、払っていない政治家が、37%も居たら漫画だな。それで審議、可決だとしたら、皆で笑うしかない。加入もしていない議員によって可決されたら、違憲だと裁判に持ち込もう。審議に参加資格もないものが、審議したに等しいのでは、ないでしょうか?
全ての政治家の支払い状況を公表して欲しい。どれだけ政治に前向きかが、分かるかも知れん。口先だけなのかが、分かる可能性もある。新聞も独自に調査して、号外でも出すくらいの意欲を見せて欲しい。
与野党とも、だらしないぞ。菅さんも遺憾である。みんな、団子100兄弟で、口先だけの弁解屋なのか。テレビに出ているのに、恥を知らない人、有名人気取りだけ。国の行き先なんか、任せられない。経済の専門家も未払いですか、専門家の名に値しない。人間として、落第だ。
辞職するべきだ。でも、そんなに清い政治屋なんて居ない。
自民党内閣で未払いが4割だそうだ。そんな輩が賛成して、法案を通すのか。獣道もいいとこだ。交通違反者が、交通規則の法律を作っているのと、同じじゃないか。
未納議員は、未脳議員なので、辞職すべきです。
国民年金の小泉内閣の未納率は、41%で国民平均より高い。さすが選ばれた選良だけ有る、国民年金の破壊の
元凶は、閣僚か、払えるお金が有ることだけが、国民とは違う。払えない国民も居るという認識を持てるわけがない。
それとも、難破した国民年金から、先抜けしろという情報が、官僚から早めにもたらされているのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.28

団塊パワーは景気の牽引役となるか

良きにつけ悪しきにつけ、「団塊の世代」はわが国の経済に大きな影響を与え続けてきた。そして、これからも影響を与え続けるだろう。その「団塊の世代」がこの消費者層の仲間入りをしはじめているのだ。1947年から52年に生まれたこの世代は現在52歳から57歳。1400万人を超える「団塊の世代」は、今後十数年で全員65歳を超えてくる。

と木村剛氏は述べているが、「団塊の世代」も数年で、退職し始める世代で、パウーなんか期待できるのかな、むしろ、重荷になる方という見方の方が、妥当じゃないのか。企業にとっては、その退職金が、重荷ではないのかな。

「団塊の世代は富裕層」となる確率は、退職金が全て支払われた場合で、この不況下それが出来るのかという疑問がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年金問題

年金問題の一番の原因は、官僚の無能だと思う。受給者と支払う側のバランスの問題を間違えた結果だと思う。
人口の統計を少子化問題が、言われる中、出生率を、多めに楽観的に見積もった結果だと思う。いやその前に、
団塊の世代を支払い側で上手く使い、支払われる側になったら、切り下げを目論でいたのかも知れない。
テストで言えば、落第点だと思う。でも官僚は責任は問われない。気楽な稼業ですな。
国民の働く気を消失させるような、作文でした。それがお粗末な年金制度への感想です。

しらけています。官僚の無策を嘆きます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.24

閣僚年金問題

小泉内閣の3閣僚が、年金を納めていない問題が、発覚した。
石破防衛庁長官が、イラクで部下に命を張って仕事しろという、命令を出しているのに、法律違反、これじゃおかしくて、命を預ける訳には、いかん。だいたい、命令する立場に立てる人間じゃない。
次が、元銀行員の中川昭一が20年以上未納だって、これでお金を扱う、銀行員不適、経済がまるっきり分かっていない。しかも20年の長き期間、無責任である。子供じゃ有るまいし、確信犯だ。
3番目に、麻生、首相をねらっているらしいが、金に困っているようだから、国民のための政治なんか、無理だね。
最後に、小泉さん、監督責任は、どうした。閣僚の不祥事の、後始末もできない、自己責任は、どうしたのだろう?涼しい顔で、「国民の皆さんも間違って払わない人はいっぱいいるでしょう」、更にだめ押しで、福田さんは、「しょうがないでしょう」という貧困なコメント、よしてくれ!
無責任内閣です。しかも閣僚は辞任せずに、閣僚のイスにしがみつく。哀れなものだ。感覚がおかしすぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.22

入れ歯とむなしさ

30代前半の若いご婦人の上下総入れ歯の患者さんでした。
卒後、10年ぐらい、何となく、総入れ歯に自信みたいなものが出来つつあります。その頃の話しです。

上下総入れ歯を保険で作りたいと言って来院されました。通法通り、模型をとり、各個トレーを作り、精密印象、咬合採得、試適、重合、セット進みました。表情のあまりない方でしたが、
一応、いたい場所があるかも知れませんので、明日来て下さいと言いました。
翌日朝、一番に拝見致しました。

「藪医者」と開口一番言われました。歯科医師生活30年で一度だけ、面と向かって言われました。ムッと来ました。私も若かったものですから、でも冷静を装い、どこが痛いのですかとお尋ねしました。返事は有りませんでした。

口腔内を拝見して、白っぽくなっている土手の部分を少し落としました。その後フィットチェッカーを入れ歯の上下内面に交互に入れ、フィットチェッカーの薄い部分を削合しました。

その後2回調整をしました。患者さんは、ほとんどしゃべってはくれないのですが、痛みはないと言うことで、一応終わりにしましょうと言うことは、頷いて頂きました。
若気の至りで、最後、”あなたのために、全勢力を注ぎました。”とだめ押しをしてしまいました。その後もスーパーで時々お見かけしますが、藪医者の作った総入れ歯を入れています。

今でも、耳にこびり付いています。「藪・・」

直接言われたのは1度だけですが、陰では、何度言われているやら~^^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.21

入れ歯名人

歯医者になり立て3年目ぐらい、ある男の患者さんに、入れ歯の直接法リベースをしたところ、
翌週その患者さんが、”先生は、入れ歯が上手だね、痛くもないし、ピッタリだよ。名人だよ。”と言われたことがあります。

そんなに上手いとは思ってもいなかった修行中の身だったので、意外な感じがしました。

その後何回も直接法リベースを、有頂天になり、やりました。結果は、褒められませんでした。たまたま、くだんの男性患者さんの時の、レジンの練り方、温度、攪拌スペードが、ピッタリと一致していたため、良いものが出来たのでしょう。マグレだった可能性が有ります。勿論いろいろな工夫は凝らしました。でも上手に行かなかった。

上の患者さんの言葉におされ、入れ歯名人を目指したのであるが、相変わらず、入れ歯藪の儘だ。残念でしょうがない。それから約30年の月日が流れているのに・・・

人生は短く、術のみちは長い。機会は逸し易く、試みは失敗すること多く、判断は難しい。というヒポクラテスの言葉を気にし出す今日この頃です。「人生は短く、術のみちは長い。」の部分が特に気がかりです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.15

イラク人質事件

人質をとり、その命と引き替えに、ある要求をしてくるというのは、危険な駆け引きです。やってはいけない行為と言うべきですが、力の弱い集団が、力の強い集団に対して、抵抗する方法として、選択したくなる戦術の一つです。
イラクの現状は、無政府状態ですので、交渉するにしても、チャンネルが少なすぎます。宗教指導者が、人質の解放を促したというのも、宗教の中にも、分派、もしくは、派閥があれば、上手く行きません。
こんな状態のイラクに、自衛隊を派遣したのですから、占領されている民から見れば、自衛隊は、アメリカ軍の協力者と見なされても、おかしくありません。
イラク人の一番望んでいることを、リサーチして出動したのでなく、アメリカ軍の要請で、アメリカ軍の補完作業で出て行けば、上手く行かなくなることもあります。
イラク人の、仕事が欲しい、民間の会社が来てくれという、要求には、あきれます。こんな危険な所に、民間企業が進出するわけが、無いのですから、自国の最低限の治安は、イラク人で守る必要があります。それが出来れば、民間企業も出ていく機会は、増えます。石油があるのですから、ーーーー
ここで人質を殺せば、日本の企業はイラクに行かないというキャンペーンをテレビでイラクで流した方が、川口外務大臣の談話を流すよりよっぽど有効だと思います。
チャンネルを捜すのもアメリカに頼んでいる現状では、どうしようもない。
小泉さんも、自衛隊は、撤退させない、テロリストに屈しないでは、話しにならない。
せめて、人質を取ることが、日本イラク両国の友好の上で良いことではないので、速やかな開放を望む位のスピーチが出来ないのかな。
もちろんこんな事で、人質の開放には、つながらないが、まず原則論を掲げないと、交渉のテーブルに相手が着かない。アメリカ大統領と同じ事を言ったって、通じないよ。武力の差があるんだから、ーーー
イラク復興のために如何に日本が、有益かを相手にアピールして、人質解放をせまる形にしなければ、ーーー

<追記>
4月15日21時、人質バクダッドのイスラム聖職者協会に、人質が無事保護されていると、アルジャジーラがテレビで放映、良かった。良かった。NHKでも確認した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.08

失敗が許されない入れ歯

50才のご婦人が、メールをくださり、その後来院されました。
お父様がいらっしゃった中国の都市を検索している時に、私のホームページが引っかかり、歯科治療の入れ歯を見られたそうです。なぜ引っかかったが、不思議なのですが、導かれるように医院にやって来たそうです。
上顎は右が臼歯部欠損で、下顎は右が大臼歯欠損で左が大臼歯と第二小臼歯欠損でした。入れ歯を入れるのは2度目だそうです。第一回の入れ歯は、散々で、口の中の異物感が強く良く噛めないので、ほとんど使用しなかったとのことです。10年ほど前だそうです。
ホームページを見られて、意を決しての来院だそうです。やや責任が重い感じですが、かなりの覚悟ですので、私も作る決心をしました。何が何でも入れてみたい、入れなければ、一生この患者さんは、入れ歯とは無縁の人生を歩むことになるので、ここでふんばって、入れられたらよいという、感じに私もなりました。期待に応えられかなという心配もありました。でも誰かがやらなくちゃ!
一通りの入れ歯の説明を致しました。患者さんにむずかしいと思うがやりましょうと納得頂いて、印象をとりました。
咬合採得の時、右の犬歯の間が少し隙間が空きました。一応人工歯配列をして又確かめると同じくややあきます。
入れ歯がないときはかみ合わせの隙間は無いのです。どうしようか迷いました。なんどやってもあきます。もう一度一週間後に再度確認することに致しました。何度やってもあきます。左はかみ合わせが、上顎舌側咬頭舌側斜面が下顎頬側咬頭頬側斜面の一番頬側側で僅か当たるだけです。果たしてこれで噛めるのだろうかという不安がよぎります。かみ癖を伺うと、右だそうです。少し顎が左に持って行けるか、長い時間試してみましたが、ほとんど動きませんでした。このバイトで、右側に入れ歯を延長して噛む面を付けることにしました。左側は噛めるか不安です。左で噛むと、入れ歯が舌側に動いて痛くなる可能性もある。しかし咬合調整が難しい、ケースになりそうです。
試適を一週間後に、しました。これで噛めますかと問いかけるのは、ほとんど初体験みたいな患者さんには、酷です。何がなんだか分からないのが、本音でしょう。しばらく装着して貰い、異物感だけをお聞きしました。前の時より良いみたいという事でしたが、これも余り当てにならない感想です。
山羊の乳を飲んで育ったのでこうなったと思いますと患者さんは、何度も言いましたが、確かなことは分からないと、お答えしました。
おそらく下顎の左側小臼歯が舌側よりに萌出したために早めに抜歯になってその影響で大臼歯も力負けしてグラグラになったのでは無いかと想像しています。
入れ歯を入れた日は、神に祈るような気持ちでした。でも違和感は余り感じないと言われました。でもこれからが勝負ですよ、乗り越えなければならない壁が立ちはだかりますよ。入れる努力は、患者さんがするのですよ、それをこれから助けるのが、私の仕事ですからね。
ゆっくりしか噛めないかも知れませんが、急いで噛んではいけません。柔らかいものから食べ始めて、可及的に長く入れる努力をしてください。そして痛い場所を教えて下さい。硬いものを食べれば痛みが出る可能性もありますから、安心はしないで下さい。疑心暗鬼になるのが一番いけません、とお伝えしました
その後痛みはあまりなかったが、口腔内が狭く感じられるのと喉が痛いという訴えで、入れ歯をやや小さめにして薄くしました。そうすると左側奥に白い斑点が出来たので、それの調整を何度かやりました。やっと終わりです。
第一回目の入れ歯ですからこの程度でしょう。
最初もそうでしたが、義歯の入る部分の粘膜を軽く押してもいたいみたいですが、何とか食べられるそうです。
患者さんは、大変聡明で、好奇心旺盛なかたで、私を信じて前向きでしたので、入れ歯が入りました。8回ぐらいの調整でしたが、患者さんの素直な協力に感謝します。協力だけが、頼りです。
患者さんにとって最高の入れ歯ではないかも知れませんが、使用して、入れておける入れ歯から始まります。段々と入れ歯は大きくなり、小さくなることはありません。総義歯への準備をしていることになります。
遠くからの来院大変だったでしょう。お疲れ様です。患者さんに救われた入れ歯づくりでした。よ~く頑張りましたね。
ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »