« 自衛隊イラク派遣部隊 | Main | 歯ブラシの大小 »

2004.02.08

義歯の経過

・義歯の治療は長い期間かかる事もあります。やっと終わったかという感じです。
・2002年9月から2004年1月までかかった、義歯の治療もありました。上下総義歯の症例で、通法どうり、印象採得、咬合採得、試適(ここで歯並び、顔貌その他の患者さんの同意を得ています)、重合、セットと進みました。セットしてから、2週間後、右の唇の上のハリがないと言われました。改善しましょうということで、少し言われた部位を膨らませました。私としては逆に少しハリが強いかなと思っていましたが、患者さんの意見では、ハリがすくないと感じられた様です。少しハリがあった方が後から、筋肉が、慣れるに従い、通常ハリがあったものから、少しハリのないものに、変化します。やや膨れていても、落ち着くと、少しずつ痩せたようになっていきます。
・患者さんは、それでも痩せているように見えたのかも知れません。暫く様子を見ましょうとお勧めしましたが、女房がうるさく言うのでとのことで、直しました。患者さんが良いという位置まで歯も移動させ、上口唇も、膨らませました。その1週間後、今度は膨らみ過ぎというので、来院しました。この前良いと言うことだったのに、今度は膨らませ過ぎだとのことです。”筋肉が慣れると、少し痩せますから”、ということを伝えました。渋々同意した感じがしましたが、同意頂きお帰りになりました。このシブシブがいけなかったのか、後は女房がーーーでという説明です。この間何でも食べられますと言うことでした。痛みはなしで経過していきました
・それで義歯を手直しすること12回これで約1年間が過ぎました。1月に一回義歯の手直しを致しました。手直しのし過ぎで義歯が汚くなったので、作り直してくれという要求がでましたので、作り直しました。その後義歯が、噛むと痛いみたいという症状が出ました。(つまり患者さんは、痛みはほとんどないのだが、何となく痛く感じるということです。→これが一番やっかいなのです、何となくという感覚での話しだからです。)その痛みが患者さんから、なくなるのに、5ヶ月間かかりました。それほど痛いわけではないが、という事でしたが、OKを頂くのに大分かかりました。
・義歯の患者さんの歯科治療は、時として、入れた義歯を満足頂くために、とてつもなく時間がかかる場合があります。

|

« 自衛隊イラク派遣部隊 | Main | 歯ブラシの大小 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/176515

Listed below are links to weblogs that reference 義歯の経過:

« 自衛隊イラク派遣部隊 | Main | 歯ブラシの大小 »