« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

カルテ2ヶ月

カルテを初めて2ヶ月を経過した。内容を充実しようとするが、ネタが浮かばない、ネタ切れ状態です。いろいろ試行錯誤しながら、やって来ましたが、至らない事ばかりです。
そんな時、スゴいカウンターが、壊れたようです。確か9600位の値だったのが、270000台に、30倍になってしまった。これでカウンターは、グチョグチョになりました。トンでもないカウンターです。来訪者の数なんて気にするなという、神のお告げかも知れないが、来訪者を、だますことになります。来訪者は、スゲーと思うかも知れないが、本当は普通のどこにでもあるサイトですから、安心して下さい。又数が減ったりするらしいから、このままで行きます。大雑把なアクセス解析を見ているので、数は気にしていないので、どこのサイトからの来訪者かが分かればよいと考えています。

Googleも最近メチャメチャおかしい挙動で落ち着かないし、そろそろGoogleの更新が始まりそうなのに、なかなか更新開始にならない。順位がグチャグチャで1ヶ月近く変動ばかりする。大きく順位が下がったページがあるので、気がかりです。Yahoo とかGooに返す、クエリーも違っているし、サーチエンジンごとに違えば、Googleの評価に影響しないだろうか。少しマト外れになりつつあるような気がする。リダイレクトをしている、飛ばしページを圏外にはじき飛ばす方が先なような気がするが、ノウノウと未だ上位表示をキープしている、腹が立つ。
 
Googleの更新は未だ始まらないが、キャシュも1月末のまま、2月に一度キャシュされたが、元に戻り、全然変わらないものもある。1ヶ月以上インデックスされていないことになる。月一更新のはずなのに、元の1月に戻ったままだ。なんか変です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.25

航空自衛隊イラク派遣の変化

風邪を引いて、やっと、体調が戻った。だいぶご無沙汰致しました。でもほとんど見られていないというサイトなのですが、カルテに、本来、風邪の引き起こす症状を書けば良いのだが(ネタ切れのため)、本人が気持ちが悪くって、吐きたくて、熱があり等、散々の目にあっている真っ最中に、とても、パソコンにむかえる状態じゃなかった。

日本にある作戦用輸送機を全機、イラク派遣の輸送機用として、全て青色に塗り替えるということが、進行中である。ということは、イラク派遣の航空部隊は、1年間の限定の任務でなく、長期化する公算が強いことを臭わせる。最初からその腹ずもりいたのだろう。配置について、1年間だけいて、任務完了、他国部隊をしりめに、帰国なんていう具合には、行きはしない。長期化すれば、戦闘に巻き込まれる確率もたかまる。どうするのか小泉総理は、何にも考えていないで、イラク派兵したのかなぁ。音楽が好きらしいが、デリカシーはあまりないのかもーーー
こういうことは、ある程度国民に知らせないと、政治生命が危うくなる要素なのだがなぁ。
マスコミも、政財官界とつるんでいるようで何も言わない。イヤ言えないのかも知れない。マスコミも大企業だからなぁ。無理かも知れない。官僚は、全ての情報を握り、目立たず、自分たちに都合の良いようにしているとしか思えない。決断は、最後までしないでその責任は全て回避しどうしでズーッと戦後やって来た。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.19

一本だけグラグラにー歯周病かな

一本だけグラグラになり痛いという患者さんでした。上顎右側第一小臼歯です。投薬をして1週間後、痛みはなくなったが、ぐらつきは変わっていませんでした。咬合は、正常に近く、強くぶつかっている箇所は、なかったので、咬合調整はしませんでした。
”このぐらつきを直したいのです”が、と言うことなので、この方の娘さんに教えた「割り箸テスト」をお教え致しました。
夜寝るときに割り箸を口の中に入れて落ちませんかと言う質問があり、落ちることもありますが、枕元に割り箸をおく手もお話致しました。
しかし反応はイマイチのように感じました。
”信じてやってみてはいかがですか”ということで話しをしました。しかしあまり乗り気な様子がないので、”現状では打つ手がないし、恐らく、歯ぎしりのせいだと思うのでーーー”
1週間後”割り箸は朝まで口の中にありました。面倒くさいという感じがしましたが、やってみたら、上手く行きました。口から意外と落ちないものですね。やって、良かったです。信じてやるものもあるんですね。半信半疑でした。”
”どれどれ見せて下さい。”歯のグラグラはなくなり、揺れはほとんどなくなっていました。
ぐらぐらの原因は、どうも歯ぎしりによる、歯の引きずり倒しの様だとやっぱり思いました。歯ぎしりの弊害で歯を失うことは多いというのが、臨床を通しての感じです。
”2ヶ月に1回の検診を当分続けましょう。”

歯周病の最後は、歯槽骨が溶け出し、その上に歯ぎしりによる、外力による、歯を引き倒す作用だと思います。

この患者さんの場合、何が奏功した原因なのかを今後検討しなければ、なりません。又、模型を見ながら、ゆっくりと考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

深夜営業の歯科医院

良いアイデアーだが、保倹では、値段は同じです。昼間営業していて、患者さんのために夜間診療すれば、夜間料金が付くが、営業時間を夜間に保健所に登録すれば、深夜料金は、認められません。一度営業を終えて、後かたづけをした後の、患者さんが、来院した時に、追加料金を請求できるのを原則としています。少しぐらいの遅刻では、請求出来ません。急患用ですから、治療できることも限られます。急患でなければ、原則として見れません。
正当なる理由がなければ、夜間料金は請求できないのです。急性症状で患者さんが、痛がっていることを前提としています。だから儲かるのは、数をこなせる立地条件ですが、夜間の働き手確保で、出ていく方が多いのだから、どうかな?口コミですぐに広まるので、新宿、渋谷などの繁華街のみ可能です。
それに夜間は、お酒の入っている方が、来院されることもあります。待合室が、お酒臭くなります。それを嫌がる患者さんもいます。まぁ!いろいろな方がいます。患者さんが大虎に変身したら、治療どころでなくなるし、手術ミスは、夕方の5:30以降から多くなるという統計もあるのだから、怖いぜ。
患者さんの便利は、医療機関側に大きな負担になる場合もある。でも便利な方が良いのかも。
夜は、多分疲れがたまるし、メタボンの色合わせも、昼間の色あわせと違う等、むずかしい側面もある。
夜に入れ歯の患者さんをやられている先生もいます。夜の方が、気持ちが休まるというのがその理由ですが、もう既に引退されました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.15

セカンドオピニオンが違ったら

セカンドオピニオンを求めて、他の病院に行って、ファーストオピニオンと違うことを言われたらどうするか?
A大学病院では、手術の必要ありで、B大学病院のセカンドオピニオンは、手術をしなくてもというものだったら貴方なら、どうします。
サードオピニオンを求めますか。それともセカンドオピニオンの手術をしないが、自分にとり都合良いのでセカンドオピニオンを採用しますか。手術の要不要は、同じデータを違う先生が読んでいても、積極的に患部を切除していこうと考える先生と、年齢、体力をより強く考慮して、手術のリスクを考えて、敢えて現状を維持させる方が、患者さんのためになると考える先生もいます。
患者さんの中にも、手術を強く望む方、手術を嫌がる方もいます。手術を強く望む方は、少ないと思いますが、美容整形では、望んで手術をする方がほとんどです。
急性の疾患の場合の、緊急手術は、セカンドオピニオンを求めても無理だと思う。
セカンドオピニオンを求める場合でもやはり医学的正しい知識を持っていないとね。
最後はどちらの先生にかけるしかないのか、それも今の医学の現状ですね。初めてあった先生に身を任すしかないのかなぁ。
急性の疾患の場合の、緊急手術は、セカンドオピニオンを求められないし、制度は出来たが、運用が、難しい。
でもこの制度は、保険の制度では、なくて、自由診療です。30分1万円だそうです。セカンドオピニオンは、保険では認めていないと解釈して良いのかは、定かではない。保険でセカンドオピニオンを求められても、保険にそういう項目が、ないので医師の善意に頼るわけです。支払い関係が生じないのだから、2時間説明しても、初診料だけ!これじゃあ、干上がってしまう。無理だな。自由診療の方が納得がいくというものだろう。しかも手術は他の病院でという結果になれば、ーーー医患双方とも無理もないし。医師の善意だけでセカンドオピニオンに対応出来ないと思う。保険制度のほころびです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.14

イラク派兵の経済的負担

イラク派兵の経済的負担の概要は未だ政府から発表されていない。イラクの戦費負担の総額も政府は、示していない。補正予算を組んでそれに対処するのか、自衛隊予算では、賄いきれないと思うが、どのような会計処理をするのかも示さないままです。民間の経済シンクタンクが、それをいち早く分析して報告を国民に知らせたという話しも聞かない。戦費は、後から国民に重くのしかかるのは目に見えていると思う。この辺を木村剛さんにおねがいしたいのだけれどもーーー
景気が悪い中、経済再建をしているらしい政府が、また新たな出費をする項目を増やした。しかも先行き不透明過ぎる出費だと思う。経済がもつのかなぁ?金融を見直して、経済の血液を順調にしても、体力がもたない。既に足の壊死が起こりつつあるのでは。血液不足ではなく、寒さによる凍傷で!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

犬か猫

犬派か猫派か?
Blogを見ていると写真を上げている方が多い。そのなかでも動物、自分のペットを上げている方が多い。猫の写真を見る機会が多く感じられます。これはたまたまそうだったのかも知れませんが、私の感想では、猫派の方が多く感じられます。Blogをやられる方の多くは猫派で、猫が大好きらしい。犬派の方もおられると、思いますが、インターネットの使い手特にBlog党は、猫が大好きらしい。ちょっと、冷ややかで、独立自尊の強い猫がよいのかも。犬派も頑張りましょう。そういう私は、アレルギーで、猫も犬も飼えません。(汗^)
私がその様に感じただけで、違っているのかも知れません。
Niftyのココログは、最後にcatが付くからなのか。わかんない、にゃーん(笑^)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.02.13

YahooがInktomi採用か?

Yahoo! の Inktomi ページ検索結果を見る方法

米Yahoo! が3月までに切り替えを予定しているページ検索ですが、Inktomi (インクトゥミ)の検索結果を Yahoo! 上で閲覧する方法があります。 検索結果ページの URL の最後に &tmpl=E088 をつけます。Yahoo.com で任意のキーワードを入力して検索結果が表示されたら、そのURL に &tmpl=E088 をつけて下さい。

と言う記事があります。Yahooで採用されるのは、Inktomi の確率が高くなった気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.12

入れ歯と訪問診療ー介護の裏側

・第一日目
脳梗塞で半身不随の状態の患者さんの入れ歯を作るために訪問診療に行きました。ケアマネさんから、連絡を受けたのでいってみることにしました。下顎入れ歯が、破折して使い物にならなくなりました。印象を取らなくてはなりません。印象を取りましたが、アルギン酸印象剤しかなかったため、大変苦労しました。印象剤で型どりしてすぐに石膏を注ぐ必要があります。印象が変形しますので、すぐに注入しましたが、バイブレータがなかったので、気泡が入らないように、ものすごく気を遣いながらの、注入作業になりました。石膏が固まるまで、動かせないので上下の模型が出来るのに約2時間かかりました。大変そうです。入れ歯の修理は、やったことがありますが、入れ歯の新製は、初めてです。緊張がプレッシャになりました。でも模型は、まあまあかな。
・第二日目
今日は精密印象を取りました。前回懲りたので、シリコン系の印象材を使いましたから、時間は余り気にしなくて済みます。石膏に気泡が入るのを防ぐために仕事場まで、印象を持ってきて、それから慎重に注ぎました。後は咬合床を作ってから、咬合採得です。1割負担を、もらうように制度の変更でなりましたが、解せません。動けない人が、市役所まで、出向いて書類手続き出来ないと思う 。精密印象は、すぐに石膏を注がなくて良いので、楽です。
・第三日目
いよいよ咬合採得です。咬合採得をどの位置でとるのか、試行錯誤の連続でした。寝たままでは、下顎が、重力で少し下がるので、上手くとれませんでした。ベッドの中で、上半身を立てたままで、咬合採得をやってみましたが、頭がマヒで上手く行きません。何回かやり直しましたが、そのたびに、下顎の位置が変わります。頭が固定出来ないので、無理です。1時間ぐらい経ちました。寝かせた位置で採り、後は咬合調整でと、甘い考えを持ったところに、ケアマネさんが来られました。始めてお会いしますが、いつも感じの良い方です。頭をケアマネさんに支えてもらい、やっと、咬合採得が終わりました。ケアマネさんに、助けられての咬合採得でした。大変であることを、実感しました。咬合採得は、非常な関門に感じました。
・第四日目
いよいよ入れ歯試適です。少しどきどきします。試適も頭の位置で変化するので、ものすごく、気を遣いました。どうも頭が揺れて、これでよいのかの決断がつきません。4ミリ位、前後に噛み合わせが変わります。どうも上手く行きません。どこかで決めなければいけません。ワックスなので痛がりませんが、レジンに変われば、恐らく痛がるでしょう。結局、顔貌で判断するしかないようなので、最後こんな感じの顔貌が、おかしくないなという所で決定致しました。でも正しいという保証は、ありません。でもこれでやるしかありません。訪問介護は、難しいです。
・第五日目
患者さんも楽しみにしていた装着の日です。しかし私は、精度に不安がありますので、やや緊張気味です。頭が固定できないのは、不安です。装着しました。右手しか利かない方なので、入れ歯を入れてはみましたが、取り外すことが出来ません。緩くなっても、止む終えないのですが、取り外し可能な所まで、削合いたしました。無理なくはずせるところまで、入れ歯を削合しました。
この時レジンの削りカスが、入れ歯について、何度も台所まで足を運びながらの、削合となりました。通常コンプレサーからのエアーで、レジン削片を吹き飛ばしていますので、あまり気にならなかったのですが、訪問介護では、本当に、削片が邪魔になり、能率が悪くなります。やっとの事で、調整を終えました。時間がかかりすぎです。
・第六日目
入れ歯の最終調整です。少し痛い場所があるというので、粘膜の白くなっている所を削りました。”他には”と言いましたが、患者さんは、”何となくいたく感じるだけで、前より良い具合だよ”と言うので暫く様子見です。遠慮しないで、痛ければ、電話して下さいと患家を後にしました。


・その後、電話で”大丈夫そうです。噛むとすんだ音がするよ。ほら、カチカチーーー”笑ってしまいました。これで電話
再診は頂けないでしょう。笑う門に福来たる。良かった、良かった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.11

Google更新2月ー1

・Googleの更新が、216.239.53.104/ から開始されたのが、18:13に確認された。Austin Updateの後なので
変動がどうなるか楽しみである。大きく変化するのか確認したいが、今まで見ている限り、上位では、あまり動いていない感じです。スパムフィルターが、かかったとかアルゴリズムの変更だとかいわれているが、果たしてAustin Updateは、何の結果であれだけGoogleのSerpが乱れた原因がわかるかも知れません。始まったばかりなのでまだわかりませんが、楽しみなのは、事実です。
・今回は、長くかかりそうです。だいぶSerpが乱れ、重複サイトがあったんで、長い時間更新にかかると、予想します。12個中5個は既に、リンク系の更新は終わっていますが、その後更新を終わったIPの数が増えません。
・ショップ系の下落がやはり目立つ様です。歯周病薬などのサイトが落ちています。恐らく歯ブラシなど商品を売るサイトも同じだと思います。
・朝起きてwww.yahoo.co.jp のリンク数をチェックすると約68,800件と全てなっていたので、更新終了を確認しました。
予想はずれで短期終了でした。
・何が変わったのかの検証はこれからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.08

歯ブラシの大小

・歯ブラシの大きさを決めるのは、自分の歯の横幅と歯ブラシの横幅とが、同じぐらいかやや小さめを基準にするのが良いと思います。あまり大きいと歯ブラシで擦っても、歯の凹んだところに、歯ブラシの毛先が届きません。毛先が、届かなければ、汚れは落ちません。どこの部位にでも、万遍なく届く事を基準に、歯ブラシを選ぶ基準にしましょう。
このことは、意外と重要に思いますが、あまり情報として、発信されていません。
・歯ブラシが古くなったら、少し火であぶり、歯ブラシの毛先のむく角度を変えてみることも、必要ですし、歯ブラシの毛先の横半分、または縦半分を削ったりして、いろいろと工夫することも、必要な歯並びの乱れている人もいます。
落ちる落ちないを、確認してもらうために、常に歯科医院でチェックを受ける必要もあります。あの イチローほどの大打者ですら、コーチがいて絶えずバッティングフォームをチェックして貰うのですから。
・以上、歯ブラシの話しでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

義歯の経過

・義歯の治療は長い期間かかる事もあります。やっと終わったかという感じです。
・2002年9月から2004年1月までかかった、義歯の治療もありました。上下総義歯の症例で、通法どうり、印象採得、咬合採得、試適(ここで歯並び、顔貌その他の患者さんの同意を得ています)、重合、セットと進みました。セットしてから、2週間後、右の唇の上のハリがないと言われました。改善しましょうということで、少し言われた部位を膨らませました。私としては逆に少しハリが強いかなと思っていましたが、患者さんの意見では、ハリがすくないと感じられた様です。少しハリがあった方が後から、筋肉が、慣れるに従い、通常ハリがあったものから、少しハリのないものに、変化します。やや膨れていても、落ち着くと、少しずつ痩せたようになっていきます。
・患者さんは、それでも痩せているように見えたのかも知れません。暫く様子を見ましょうとお勧めしましたが、女房がうるさく言うのでとのことで、直しました。患者さんが良いという位置まで歯も移動させ、上口唇も、膨らませました。その1週間後、今度は膨らみ過ぎというので、来院しました。この前良いと言うことだったのに、今度は膨らませ過ぎだとのことです。”筋肉が慣れると、少し痩せますから”、ということを伝えました。渋々同意した感じがしましたが、同意頂きお帰りになりました。このシブシブがいけなかったのか、後は女房がーーーでという説明です。この間何でも食べられますと言うことでした。痛みはなしで経過していきました
・それで義歯を手直しすること12回これで約1年間が過ぎました。1月に一回義歯の手直しを致しました。手直しのし過ぎで義歯が汚くなったので、作り直してくれという要求がでましたので、作り直しました。その後義歯が、噛むと痛いみたいという症状が出ました。(つまり患者さんは、痛みはほとんどないのだが、何となく痛く感じるということです。→これが一番やっかいなのです、何となくという感覚での話しだからです。)その痛みが患者さんから、なくなるのに、5ヶ月間かかりました。それほど痛いわけではないが、という事でしたが、OKを頂くのに大分かかりました。
・義歯の患者さんの歯科治療は、時として、入れた義歯を満足頂くために、とてつもなく時間がかかる場合があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

自衛隊イラク派遣部隊

・防衛庁長官が、イラク派遣本隊に、テレビで出国命令を発令したと言っていましたが、そんな命令はありません。イラク派遣調査団の調査の答申に基づき、内閣官房を含めた上層部で 派遣するか否かを判断した。つまり内閣の意志は、この段階で決定済みです。
・自衛隊は、上部機関で派遣が正式に決まれば、作戦要項を作成し、それに則り、人員、装備、武器、その他が決まります。その後どの部隊から、選抜するかを決める(すでに内定はしていた)。命令で新部隊への移動を命じ、イラク派遣部隊の部隊編成完結式を行い、イラク派遣部隊が誕生した。
・その部隊に派遣準備命令を下命して、準備待機状態にしていつでも出動態勢を維持させます。派遣準備命令が発令される前から、他の部隊は、出動予定のために、物資、弾薬などの編成替えのために作戦支援体制で動いてきていたのです。内定しているからどこの基地、駐屯地に、武器、物資を集積していいかも分かっていました。そして装備車両などの整備集積などをすませた。500名ほどの人員の補給などを考えれば、3~4ヶ月の準備が必要だった。これで準備完了だった。
・今年一月に入り矢継ぎ早に以下の命令を下した。イラク派遣部隊に、出動命令が発動し、本隊の一部を割いて、先遣隊を派遣したのだった。
・先遣隊も、その後イラクに残る部隊と、本国に報告に帰る部隊に分かれ、本隊受け入れの準備にはいります。先遣隊は、本隊の一部ですから、出動命令が出た後、本隊への命令は何も必要がないのです。
・それを防衛庁長官自ら、本隊に出国を命じた。これはおかしいのです。何も言わなくても、順次本隊はイラクに到着します。すでにイラクへの出動命令は、出ているのです。イラクに行かなくてはなりません。防衛庁長官は、既にイラク派遣部隊に出動命令を出しています。出国命令などはないのです。イラク派遣部隊も、何度も不要な命令を防衛庁長官から、受ければ面食らうだろう。それを本隊に今、イラク派遣本隊に出国命令を出したと威張るな。もう命令は以前に出したんだってば。おかしい話しだな。イラクへの出動命令にもとずく兵員の移動です。結果としてイラクにいくので、出国になるだけなのに、出国命令ーーー?
・これは、官僚の仕組んだイラク派遣部隊のカモフラージュだ。粛々とやっていると見せるためだ。命令は、とうの昔に出されていた。それを指摘出来たマスコミが一社もないのは、残念です。
・小泉さんが、ブッシュに、イラク派遣を約束した。そのため調査隊をイラクに派遣した。報告結果は、勿論Goサインだ。それに基づきイラク派遣部隊を編成し、出動準備命令を出し、その後、イラク派遣部隊に出動命令を出した。
それを受けイラク派遣先遣隊が、本隊受け入れの為にイラク入りし、イラクへ本隊が入る。そして危険な任務につくのです。自衛隊イラク派遣部隊の無事を祈るのみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.04

MSNーβ版検索エンジン

MSNが、β版であるが、新しい検索エンジンを、インターネット上で公開しました。いよいよ参入してくるのです。しかし英語版は、まずまずだが、日本語版は、全然ダメです。キーワードによっては、7個のサイトしか、表示していないなど、あらが目立ちすぎます。
いつから集めたデーターベースかが、わからないので、グーグルの検索能力とマイクロソフトの検索力の比較ができないので、まだ全てを評価出来ない段階ですが、グーグルの牙城に挑む姿勢に拍手します。勿論マイクロソフトのもくろみは、検索市場が将来有望な市場で、次期ロングホーンで、検索と他のマイクロソフトのソフトとの結合をめざしているので、戦略的に必要だと思う。しかしβ版の日本語版はひどすぎる。かなり中途半端で出してきた感じです。中途半端で出すのは、マイクロソフトの得意技ですか?
ヤフーのからみで、2月中に出さないと、ヤフーに後れを取りニース性が薄れるから、無理して出してきた感じがしました。Overtureが、サイトの登録受け付けになっているのは、相変わらずです。インクトミが絡んでいる可能性もあるが、β版と出せばマイクロソフト独自のものだろう。
MSNーβ版検索エンジン日本語でも検索出来ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

セカンドオピニオン

東邦大学付属大森病院で、「セカンドオピニオンセンター」を開設して29診療科で予約制でセカンドオピニオンを求める家族または患者さんの相談に応じている。料金は30分1万円だそうです 。
セカンドオピニオンを求めるのは、良いことである。Blogだって、他の人の意見を求めて彷徨っているのではないかなぁ。自分と同じ意見を求めてコメントやらトラックバックを繰り返して行いそして、更に自分の意見を述べるわけです。
手術の必要性のセカンドオピニオンを求めて、さらにサードオピニオンを求め始めるとなると大変だ。自分の意見と同じ意見を持っている医者を求めたら、∞オピニオンになってしまうし、病状がその間に、悪くなることだって、あり得るのです。結局データーを読む力は、大学病院では、ほとんど同じだろうから、どこで手術をするかが、ポイントになると思う。人の手でする手術は、上手、下手が大いにあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かけ算はなぜ?

足し算、引き算を習い、更にかけ算になると、子供は、どうしてと言う疑問を大人に投げかけもしません。
歌で暗記します。サザンがきゅう。シシがじゅうろくという具合に暗唱しながら、覚えています。大人は、なぜと質問されないので、安心して、間違いがないかどうかをチェックするだけです。やり始めの頃は、サザンがじゅうというとんでもない間違えもしますが、だんだんと修正され、ほとんど間違えなくなり、やがて、完全に間違えなくなります。
僅か2年の間に、子供の頭が良くなったのでしょう。でも疑問に思うという事がなくなっていくのです。体にまとわりついて、なぜ?、どうして?と言う疑問をぶつけて来なくなります。それは何故なのかなぁ?なぜなのかが知りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1+1=は、なぜ2になる

1+1=2になる事は自明の理です。
子供からなぜ?と問われると、子供に分かるように説明出来ません。世の中でそういう風に決まっているのと理論のごり押しを子供にします。なんで分からないの?分からないから聞いている子供の立場を無視します。
子供の理解力がないから、暗記させます。暗記を強制します。1+1=3では、試験で×になるので、子供も、結局暗記して、このような質問は、子供から受けなくなります。やれやれ、助かった。
1という概念2という概念を理解しても、それを人に納得させる、難しさがあります。
なぜ2になるかを私は、本当に説明できません。困った父親です。誰か分かる方がいたら、教えて下さい。Helpには、クリックしてもなかったので、お願いします。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

« January 2004 | Main | March 2004 »