« blogコミュニケーションツール | Main | 陸自先遣隊の意味 »

2004.01.18

育児と母乳

育児と母乳の載っているサイトを捜して見ましたら、次のサイトが見つかりました。
赤ちゃん相談室だより 第3回 子育ての危機というページです。
参考にされるのも、自由です。参考にされないのも、自由です。
母乳は、やはり大切だと思います。

|

« blogコミュニケーションツール | Main | 陸自先遣隊の意味 »

Comments

<量がとても少ない人や、どうしたって出ない人もいるのです。そういう人の精神的負担をちょっと考えて欲しいのです。
こういう情報が出て周囲から不安がられたり、責められるのはそういった母親たちです。>
このこともよく分かっています。苦しい立場に追い込まれ精神的打撃を受けることも良く理解しています。昔から出の悪い人
、出ない人もいたのも事実です。
<問題がない子供はどういう点でそういう事態を免れたのか、何か既にわかっていることがあるのなら同時に示して欲しい、ということなのです。>
なぜ事態を逃れたかの検証は、今のところ出来てません。私の臨床では、口蓋が余りにも深い子供などを見て、アメリカの20年以上前の様な状況だなと感じて、それらの対応に追われているのが、現状です。まだ分からない事もあります。
哺乳びんを使わない方が、良いだろうという感じは持っています。

Posted by: super7 | 2004.01.30 at 03:59 AM

トラックバックありがとうございます。

いえ、私が誇張と言ったのは、「読んでいると母乳じゃないと絶対そうなる」みたいな印象を受けてしまうような文章だ、という意味なのです。
実際に歯の柔らかい子供などが増えていたり、アトピーなどの体質が増えているのは事実だと思います。
だから悪戯に不安をあおろうとしているのではなく、警鐘を鳴らしたいというお気持ちも承知しています。

ただ、母乳で育っていなくても、問題がない子供はどういう点でそういう事態を免れたのか、何か既にわかっていることがあるのなら同時に示して欲しい、ということなのです。
(おしゃぶりや離乳食の開始時期、仰向け寝については既に色々言われていますが。)

確実なのは母乳なのかもしれませんが、量がとても少ない人や、どうしたって出ない人もいるのです。
そういう人の精神的負担をちょっと考えて欲しいのです。
こういう情報が出て周囲から不安がられたり、責められるのはそういった母親たちです。
特に第一子の場合、それが出産直後の疲労した身体を引きずる母親にとってどれほどストレスになって子供に影響を与えるか。
そういう点も考慮していただけるといいかな、と思うのです。

決して批判しているわけではないことをご理解いただければ、と思います。

あと、私が妊娠中(流産してしまいましたが)によくみていたサイトをご紹介します。既にご存知だったらすみません;
ラ・レチェ・リーグ ジャパン
http://www.llljapan.com/
アメリカ本部のサイトの方が役に立つかな;

Posted by: くわとろ | 2004.01.29 at 10:51 PM

<ちょっと誇張が過ぎるかな、という気はしますが、納得はできます。>
・誇張して書いている訳ではありません。歯の固さのない子供が増えています。タービンで削らなくても、エンジンで削れる程の柔らかさの子供もいます。
・反対咬合でなく、上顎前突の子供が今までと違った形で増えています。
・歯の萌出後高さが足りない子供が増えています。
.警鐘を臨床サイドから鳴らさなければ、と言う思い出書いています。
.確実にアメリカで起こった事を再現しています。
<私は母乳で育っていませんが、口呼吸はしませんし、低体温でもひどいアレルギー体質でもありません。
だから将来子供が生まれたら母乳育児希望ではありますが、母乳が思うように出なくてもそんなにストレスを感じることはないと思います。>
・全ての人がなるわけでは、ないのです。一番ひどくなる人では、そこまで医療が進んでいないので、対処出来ません。そうなる前出来ることは、母乳を与えるしかないという事情もあります。このためにページを立ち上げた訳です。その辺の事情をご考慮下さい。
・何もなければ、一番良いのです。一番怖いのは、無知故の不幸です。勿論私も無知ですが、30年以上の臨床を経ての指し示している方向からの感覚からの発信です。間違っている方が幸せと思います。プライス博士の論文が参考になると思います。マスコミでは、取り上げられていませんが、

Posted by: super7 | 2004.01.29 at 10:12 PM

こんにちは。以前「歯の磨きすぎ」についてコメントいただきましたくわとろと申します。

前の母乳に関する記事でトラックバックさせていただきました。
で、こちらにリンクされている記事も読んでみましたが、ちょっと誇張が過ぎるかな、という気はしますが、納得はできます。
ただ、私も母乳育児希望ですが、だからといってこのリンク先のように強く言われるとストレスに感じちゃうお母さんも多いと思うのです。
多くの母乳育児希望の母親は最初乳がなかなか思うように出なくてすごく辛く苦しい思いをしています。
大体は事前に読んだ母乳関係の書籍から得た知識ゆえに苦しんでいるのです。
実際はもうちょっとフレキシブルでも問題がない、ということは付け加えた方がいいのかな、と。
そういうところをちょっと汲んでやってほしいかな、と思いました。

私は母乳で育っていませんが、口呼吸はしませんし、低体温でもひどいアレルギー体質でもありません。
だから将来子供が生まれたら母乳育児希望ではありますが、母乳が思うように出なくてもそんなにストレスを感じることはないと思います。これは自身が人工哺乳だったゆえで、幸いだと思っています(笑)
でもやっぱり母乳がいいなぁ。

Posted by: くわとろ | 2004.01.29 at 03:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10606/112237

Listed below are links to weblogs that reference 育児と母乳:

« blogコミュニケーションツール | Main | 陸自先遣隊の意味 »